HOME>患者さんの権利宣言

患者さんの権利宣言

 おかたに病院は、患者さんの人権を尊重し、安全で質の高い保健・医療・福祉を提供し、地域の人から信頼され愛される医療機関をめざしています。

 患者さんの人権を尊重するために、患者さんの基本的な権利を「宣言」という形でまとめました。ここに全職員が日々努力し、到達すべき実施目標としてこの「宣言」を公表します。

 

『患者さんの権利』宣言

(1)個人の尊厳

患者さんは、ひとりの人間として尊重されます。

 

(2)平等で最良の医療を受ける権利

患者さんは、差別されることなく平等に、当院で達成可能な最良の医療を受ける権利を有します。

 

(3)知る権利

患者さんは、疾病・検査・治療・見通し・費用などについて、理解しやすい言葉や方法で説明を受ける権利を有します。

 

(4)自己決定の権利

患者さんは、自らの意思に基づいて、治療方法に同意し、選択し、あるいは拒否する権利を有します。また、医療行為の選択にあたっては、当院の治療方針について、他の医療機関の意見を聞くことができます。

 

(5)情報開示に関する権利

患者さんは、当院で行なわれたご自身の診療に関する記録などを閲覧およびそれらの写しの交付を受ける権利を有します。

 

(6)プライバシーの保護と秘密保持の権利

患者さんは、病院内での私的な生活を、可能な限り他人に侵害されない権利を有します。また、患者さんの承諾なしに、自らに関する情報を、自己の診療に直接関与する医療従事者以外の第三者に対して、開示されない権利を有します。

 

患者さんへのお願い

 以上の宣言達成にむけて、私たちが安全で質の高い保健・医療・福祉を提供するために、患者さんへ次のことをお願いいたします。

 

(1)ご自身の治療に必要な診療上のルールの遵守

(2)他の患者のみなさまの診療に支障をきたさないためのご協力

(3)研修医、医学生、看護学生等の研修実習・見学へのご理解とご協力

以上

2013年12月1日 改訂

 

ページトップ