岡谷会
 




 ・お知らせ
 ・入会のご案内
 ・友の会・互助組合のご紹介

岡谷会ホームへ

ホームお知らせ>きずな2012春号

きずな 岡谷医療互助組合

健康で安心のまちづくり / 今、地域が求めるものは何?

 互助組合の圧倒的多数が高齢者の方。未曾有の東日本大震災を体験し、各地域では、防災避難訓練なども繰り広げられる中で様々な不安を抱いて暮らしておられることでしょう。皆さんの声を紙面で紹介し、運動として取り上げていけることを考えていきたいと思います。

コミュニティーバスを走らせて!

 私は、バスの通れない細い道路に面した家に住んでいます。病院ヘ行こうと思えば、バス停まで数分歩いてバスに乗り八軒町で下車して、旧館前からシャトルパスに乗って岡谷の本院に通院しています。
 身体が思うようにならない高齢者にとっては、病院に行くのも一苦労です。高齢者は弱者です。是非、コミュニティパスの運行を市に要求してください。

使いやすい介護保険制度に

 先日、膝を痛めて歩行が不自由になりました。身の周りが片付かず、不衛生になり大変気にかかりました。知り合いの方に頼んで掃除に来ていただき、ほっとしました。
 急な事態で、ちょっとした不便さを補ってもらえるようなサービスがあれば、高齢者にとって願ったりかなったりです。介護保険は、申請から利用までいくつもハードルがあります。もっと身近で使いやすい制度にしてもらいたいと思います。

独居老人が安心して暮らせるまちに

 一人暮らしの私は、近隣の方と日頃から、よく交流をしています。
 留守をしていると、翌日、心配して尋ねてくださったり、おかずやお土産のやりとりなどします。けれど、災害時に親しくしている方々が必ずいてくれるとは限りません。ひとまず駆けつける避難所はわかっていても、行き着ける状況でなければどう
したらいいのか・・・。


通所リハビリで いきいき若返り!

 Oさん、88歳女性。家人より通所リハビリ利用依頼あり。家では、寝てばかりで足腰が弱ってこられた。昔は、一人で買い物も行けていたのに、このままでは心配。社交的場所も持ってもらいたい、と。
 利用当初は、午前中のリハビリ体操にも参加が難しく、ベッドに横たわっておられることがほとんど。午後からの外出レクに参加していただくようになり、徐々に変化が見られた。半年後には、横になられることもなくなった。今では誰よりも活動的で、おしゃれにも積極的になられ、利用当初より20歳は見た目で若くなられている。
 新大宮診療所通所リハビリテーションには超高齢の方々がおられます。95才のYさんは五目並べで勝負!97才のTさんもおしゃべり上手で場を盛り上げておられます。
 是非、みなさんも一度見学にお越し下さい。

新大宮診療所 小東 衛


《岡谷病院支部》

参加型の支部活動めざして

 毎月、どこかで班会を開催しようと、取り組んでいます。神殿栄町は毎月開催で1年以上たちました。皆さんと相談しながら、希望のテーマで集まっています。サークル参加の組合員が、婦人会や自分の仲良しグループなどで、健康チェックや健康教室を繰り広げています。
 仲間が3人寄れば簡単に実現できる班会は魅力的。気軽に要望をお寄せください。
 また、日帰りレクリェーションや新年会など、様々な行事にも取り組んでいます。1人でも多くの組合員さんが活動に参加できるよう、運営委員会では頭をしぼっています。まだ足をお運びでない組合員さん、是非と一緒に楽しみましょう。

病院支部 本田耕一郎


《高畑支部》

奈良の姿を肌で感じて

 昨年の12月から高畑支部では、『歩こう会』を月に一度開催しています。護国神社や片岡梅林など毎回違った場所を目的地に、季節を感じながら、楽しくおしゃべりをしながら、奈良の町を散策する会です。
 町の風景を楽しみ、自然を愛で、心身の美と健康に繋がるだけでなく、花の名前や土地の歴史など、知識豊富な参加者さんから学ぶことも多くあり、勉強にもなります。
 まだ始まったばかりの『歩こう会』ですが、老若男女問わず、皆さんと一緒に四季折々の奈良の姿を肌で感じる賑やかな会になればいいなと思っています。健康作りに、気分転換に、気軽な気持ちでぜひ一度参加してみてください。
(写真は第一回『歩こう会』護国神社にて)

高畑支部 松村明希子


《新大宮支部》

楽しい、美味しい、そうめんのばし

 岡谷医療互助組合新大宮支部の企画で2月23日、「三輪そうめん山本」でそうめんのばし体験をしてきました。最初にそうめんの製造行程のDVDを15分程度見た後、指導を受けながらそうめんを伸ばしていきました。初めての私には少し難しく麺が何本か切れてしまいました。
 そうめん伸ばし体験後、昼食に煮麺と柿の葉寿司を食べ、最後にお土産として自分たちが伸ばしたそhつめんを持って帰りました。
 昼食の煮麺もお土産のそうめんもたいへんおいしく、参加者からも好評でした。新大宮支部でもリピーターが多いのは納得です。

新大宮支部 柴田拓也


《佐保川支部》

地道な訪問で仲間増やし

 診療所まつり、きずな健康フェスタと、大きな企画が目白押しだった今年度9月末時点でのなかまふやしの到達は、わずか3世帯でした。毎年スロースタートとはいえ、今年はスロー過ぎるということで、毎年支部で行っている地域訪問を11月から始めました。毎月1〜2回程度寒さをおして日下支部長を先頭に、診療所の患者さんを対象に拡大の取り組みを行ってきました。
 毎回支部役員と職員がペアで、1回当たり10世帯前後を訪問します。だいたい1回の訪問で1世帯拡大、プラスあとで加入して下さる方が1〜2世帯というペースです。職員が患者さんと軽く会話を持ち、役員さんが雑談も交えて盛り上げるというスタイルで拡大につなげていきます。
 会話の中で生活相談をされたり、少しこみ入った家庭の事情をお聞きしたりと、ハプニングもありますが、それもまた地域訪問ならでは。そんなこんなで、2月末時点で必世帯拡大までこぎつけました。今年度中には、なんとか印世帯達成したいと思います。

佐保川支部 石園剛

 

ページトップ

岡谷会ホーム