岡谷会


|きずな健康フェスタ|産経新聞記事毎日新聞記事

奈良県文化会館 / 2011年10月2日(日)開催


「きずな健康フェスタ」に9000人

 10月2日、心配された天気も快晴、奈良県文化会館を会場に「きずな健康フェスタ」を開催、多くの方が参加し無事終了しました。
 職員は朝6時30分集合で一気にテントたて、8時から会館内の各コーナー設営を行い、9時過ぎからはもう多くの方が受付に来られていました。
 9時45分からオープニングは「宝亀殿」による太鼓、井戸実行委員長の挨拶でスタート、つどいの広場は蛍の会はじめ各団体の模擬店、東北物産店、ミニSLやふあふあに行列、たくさんの人であふれました。
 国際ホールは職員による介護劇でスタート、認知症シンポジウム、松野迅バイオリンコンサート、森永卓郎記念講演と続き、最後の福引き抽選会には2階席も含め満席の上立ち見も出るほどでした。
 健康チェック・体力チェックは国際ホールロビーで実施、検査待ちの行列が出来るほどの盛況ぶりでした。
 小ホールは病院支部「きぼうの会」の合唱でスタート、この日のためにオリジナルの歌を作り、一生懸命練習してきました。本番は皆さん緊張してましたがうまく歌えました。各サークル発表も皆さんがんばりました。昼には「ならまち落語館」から桂文鹿さんの落語、前座で中学生が登場、見事な落語を披露しました。
 会館内各コーナーにもたくさん人が詰めかけました。子どもコーナーの半紙染めでは子ども達により大きな魚の作品ができあがりました。
 集会室では互助組合各支部、郡山健康友の会で活動しているサークルの作品展が行われました。
多くの方のおかげで事故もなく無事終了することが出来ました。ご協力いただいた皆さんありがとうございました。

きずな健康フェスタ実行委員会
事務局 中嶋潤二


pagetop

岡谷会 おかたに病院 岡谷会