岡谷会


生きることを好きになる子育ての法則
子育ての法則トップページへ

(2)「あなたのことが大好きよ」と何度でも伝えよう

 子どもを元気にするために、親ができることは何か。結局、「やさしく接すること」だと、前回お話ししました。具体的には「指示や命令の言葉をできるだけ控えて、そのままの彼ら(彼女ら)を受け容れること」です。しかし現実には、それがいかに難しく、大きな覚悟を必要とすることか、私も親の一人として、よくわかっているつもりです。
 不登校が2年ほど続いている息子さん(高校生)のことで、相談に来られている母親Aさんの話を紹介します。
【例】息子はアトピー性皮膚炎で、薬を飲まないとすぐ悪化する。「薬を準備してほしい」と息子に頼まれたので、Aさんは毎食後、薬と水の入ったコップをテーブルに置いている。
 しかし、息子は薬をなかなか飲まない。「薬を飲まないと悪くなるよ」などと、ついつい声をかけてしまう。診察で「指示の言葉は使わないように」と言われているので気をつけているが、どうしても「薬を飲みなさい」と言ってしまう。
 「自分がしつこく促さないと子どもは薬を飲まないだろう。そうするとアトピーが悪化し、病院に連れて行かないといけなくなる」と思うからだ。
 Aさんの話を聞きながら私が感じたのは、薬を飲ませることに彼女が強くこだわっていることと、それを指示するかどうかという強い葛藤でした。

愛情を確認したくて

 このケースは、実は子どもが自分の身体を人質に取っているようなものなのです。自分の身体を心配する母親の関心を、いわば「愛情」として子どもは確認し続けているのでしょう。Aさんの話を聞いていると、彼女がいかにこの「愛情確認ごっこ」に巻き込まれているかがよくわかります。 子どもの身体を心配して必死で話すAさんの表情を見ていると、私もAさんの子どもが「心配してくれている、愛されている」と感じるのもわかるような気がします。
 このような愛情確認ゲームにはまり込んでいると、親子ともそこからいつまでも脱出できないでしょう。ただゲームの「目的」は明らかなため、「最初からその目的を達成させてあげればよい」と私は考えました。そこで、私はAさんに次のようなアドバイスをしました。
 「そのようなやりとりの場面になったら、話の流れに関わらず、『私はあなたのことが大好きよ』『今のままのあなたがいてくれるだけで何もいらないのよ』というような言葉を息子さんにかけてあげたらいいですよ。子どもが自分の身体を人質に取ってまでほしがっているのは、この言葉なのです」
 それに対してAさんは次のように言いました。
 「私もそう思っていますし、そう言っています。大学なんてどこでもいいよ、どこに行っても楽しくできるよって。あんたみたいな子がいないほうがよかったなんて一度も思ったことないよって、いつも話しています」
 Aさんが息子に話しているこのような言葉と、「あなたのことが好き」「そのままのあなたでいい」という言葉は、実は全然違います。なぜ「そのままを受け容れる言葉」をAさんは言えないのでしょうか? 私がそうたずねると、Aさんはすごく苦しそうな顔をされました。私を見返す目は、怒りに燃えているようでした。Aさんの心の中の何かが、子どもを受け容れるやさしい言葉を言わせないのです。
 このようなことは、子どものことで悩む多くのケースで共通しています。親と面と向かって話している私の“直感”ですが、おそらくAさんの心の中の「子ども」の部分が嫉妬しているのです。
「自分は親からそのまま受け容れられたわけではなかった。それなのに目の前の子は優しい母親(Aさん自身)に受け容れられる。自分はそうしてもらえなかったのに、なぜこの子はそうしてもらえるのか? なぜ自分の母親はそうしてくれなかったのか?」このように自分の子どもに対して嫉妬が起こっているのだと私は思っています。この通りだとすると、まずは母親の満たされないものを満たすことからはじめなければなりません。今の状態では、Aさんは子どもに無条件の愛をあたえることができないのです。

【例(続き)】息子は、大学受験のために予備校に通いたいと言いだした。その予備校は入校時に200万円が必要。途中でやめても納めたお金は返金されない。Aさんはそれでも、息子が勉強したいのならお金を出してやろうと考えている。
 おそらく起こることは、以前と同じ「愛情確認ゲーム」です。Aさんは子どもが遅れずに行くかどうか、休みそうなら車で送ろうか…など、毎日悶々とするでしょう。200万円という高額な「身代金」をとって子どもが得ようとしているのは、Aさんの愛情です。自分のことを心配させるために有効な方法を、母親の心をとらえる方法を、残酷なまでに的確に選んでいるのです。

「ゲーム」終わらせるには

 自分の命や財産にリスクをあたえて快感を得るこのやり方は、ギャンブルや薬物、買い物などの依存症ともどこか似ているように思えます。このケースでも問題の解決方法はいたって単純で、「私は今のあなたがいてくれるだけで何もいらない」という正直な思いを(自分で気がついていなくても、素直に言えなくても、Aさんはそう思っているのです)子どもに何度も何度も伝える、それだけだと思います。親がなぜか出し惜しみして、我慢して言ってくれない「あなたのことが大好きよ」という言葉。この言葉をどうにか引き出そうと、子どもは必死です。子どもが大きくなるにつれて、あらわれ方もさまざまになってきますが、結局は同じことだと私は思います。
 自分の中にある「何か」を見つめながら、子どもに(パートナーにも!)勇気を持って向き合って「あなたのことが大好きよ」と言ってみる。この日常生活の大冒険に、みなさんもチャレンジしてみませんか?

佐保川診療所 所長 田中茂樹

pagetop

岡谷会