岡谷会
 


お知らせ

 ・職員募集
 ・くらしと健康
 ・職員のトピックス

岡谷会ホームへ


くらしと健康
ホームくらしと健康

●やくしの里だより●

◇お花見の会『団子より花見』◇

 4月4日の日曜日、やくしの里で毎年恒例となっているお花見の会が開かれました。
 今年は桜の開花が早く、職員の間で心配していましたが、当日はみごとに満開!!しかし、朝から恐れていた雨となり、屋外でのお花見は中止となってしまいました。桜を見に行けず残念でしたが、やくしの里二階フロアーに満開の桜の写真を貼りめぐらし、室内でお花見の会を行いました。
 今年のお花見の会のテーマは「団子より花見」。開幕は太鼓で始まり。ボランティアさんによる太極拳では、利用者さんにも堪能できる形で指導があり、車イスの方でも楽しく参加できました。そしてお花見と言えば花笠音頭。利用者さんにも一人すつ小さな花笠を持ってもらい、みんなで踊りました。中には前の舞台で一緒に踊りだす方もおられ、会場は大変盛り上がりました。その後新しいバージョンのソーラン節、最後のしめに太鼓ばやしを披露。室内でも充分に楽しめました。
 当日、あいにくの雨にもかかわらず参加して頂いたボランティアの方々、家族のみな様、本当にありがとうございました。

プログラム
 ●和太鼓
 ●開会のあいさつ
 ●お弁当タイム
 ●ボランティアさんによる太極挙
 ●ソーラン節「ヤーレンソーラン!!船を出せ!!」
 ●花笠音戸
 ●太鼓ばやし

−お花見の様子−
○終始目をパッチリ。娘さんが来られた瞬間ニコツと笑顔に…。
     榊 喜代子様
○「さくらさくら」を一生懸命歌われていました。
     生駒 利夫様

−お花見が終わって−
○「いい経験しました。踊りもうまいこと練習してあって良かった。来年こそは花見弁当、私が作るわな」
      上松 操様

ぜひお願いします。
       (編集部)

 

ページトップ

岡谷会ホーム