岡谷会
 


お知らせ

 ・職員募集
 ・くらしと健康
 ・職員のトピックス

岡谷会ホームへ


くらしと健康
ホームくらしと健康

運動と食事(3)

管理栄養士 北村則江

<ストレッチ体操>
 ストレッチとは、筋肉や関節、靭帯を伸ばし、柔軟性を高める運動です。

ストレッチの図

★ストレッチのポイント★
(1)無理をしないように・・・心地よいところまで伸ばしましょう
(2)反動をつけずに・・・反動をつけると筋肉を痛める原因になります
(3)伸ばしている部分を意識して・・・意識することによって、より効果が現れます
(4)呼吸は止めないで・・・息を止めないように普通の呼吸を続けましょう
(5)一度に多くしなくてよい・・・短い時間(5分〜10分)でOK!続けましょう

【脇腹のストレッチ】
両腕を広げて仰向けになります。
片方の膝を立て、反対側の床につけるように腰をひねります。床につかなくても無理しないで、心地よいところで止めてください。 脇腹が伸びていることを意識します。反対側も同じように行います。(左右それぞれ15秒ずつ、交互に各2回)


■納豆汁■

 そろそろ体が温まる料理が恋しい季節。
 旬の根菜をたっぷり使った具だくさんのお汁です。きざみ納豆を入れて、納豆のとろっとした味が胃腸にやさしく、寒い日には身体があたたまります。
 納豆は大豆の有効成分を持ち合わせ、しかも発酵によって血栓を溶かすナットウキナーゼという酵素を持っています。これは血液をサラサラにしてくれる効果があります。また血液循環を良くするビタミンB群は大豆より豊富な食品です。

<作り方>
(1)納豆は細かく刻み、それぞれの材料は適当な大きさに刻む。
(2)鍋に納豆とねぎ以外の材料を入れ、水をそそいで強火にかける。沸騰したら中火にして柔らかくなるまで煮て残りの水を加え味を整える。
(3)刻んだ納豆とねぎを入れ一煮立ちさせ火からおろす。

(1人分:130キロカロリー)

 <材料>
  納豆 20g
  里芋 20g
  味噌 15g
  ごぽう 10g
  こんにゃく 10g
  ねぎ 5g
  厚掲げ 15g
  人参 10g
  水 160cc

 

ページトップ

岡谷会ホーム