岡谷会
 


お知らせ

 ・職員募集
 ・くらしと健康
 ・職員のトピックス

岡谷会ホームへ


くらしと健康
ホームくらしと健康

特定健診はじまる」
年に一度は全身管理を

 2008年4月から、それまでの基本健康診査から健康保険組合や国民健康保険などに加入されている方に対して、40歳から74歳の加入者を対象としたメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健診、特定保健指導が始まりました。今年で2年目ですが、みなさんは健診をうけておられますか?
 生活習慣の変化にともない、糖尿病、高血圧、脂質異常症などのいわゆる生活習慣病の方がふえてきています。生活習慣病は、肥満(内臓脂肪の蓄積)が原因となっていることが多く、高血糖、高血圧といった状態が重複した場合には、脳血管障害(脳梗塞や脳出血など)や心臓病(心筋梗塞など)を起こす可能性が高くなります。40歳から74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人メタボリックシンドロームまたはその予備軍と言われています。
 健診を受けて内臓脂肪の蓄積を早い段階で知ることによって、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病を予防することができます。健診の結果に以上があれば、早期に治療を開始したり、食生活の見直しや適度な運送など生活習慣病の改善を図ることも大切です。
 しかし、以前の基本健康診査とくらべて特定健診では検査項目が減っています。全身管理のためにも追加の検査を受けることをおすすめします。
 健診の受け方は、ご自宅に受診券が届きますので、お近くの医療機関で予約などをとり受検して下さい。ただし、組合健保や協会健保(サラリーマンなどが加入している医療保険)の家族の方は会社や協会健保に申し出しなければ受診券が発行されません。働いておられる方は家族の健康管理も考えて受診券の申請をしてください。
 年に1度、健診を受けて全身管理をすることで元気に年を重ねましょう。

おかたに病院  副総看護師長
竹川 陽子


■看護現場から(12)

「看護師さん募集してます」

 おかたに病院では、回復期リハビリ病棟の開設や透析室増床にともない看護師さんを募集しています。ホームページや広告、新聞折り込みで案内をしていますので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。
 また、看護業務からしばらく遠ざかっていた看護師さんを対象に、職場復帰をお手伝いする「カムバックナース」研修をおこなっています。内容は、病棟看護体験、医療機器の取扱い、検査の話や採血実習などです。医療の現場は進歩が早いので一度家庭にはいると職場復帰するのに、ためらうことも多いようでが、研修をうけた看護師さんからは「実際に医療機器を操作したり採血ができたのでよかった」「子どもがもう少し大きくなったら働きたい」などうれしい感想が聞かれます。
 これから看護師になりたい方、看護学生の方にも研修の場を提供しています。1日看護体験や中学生向けには職場体験を行っていますので、興味ある方はおかたに病院師長室までご連絡をください。

※看護部ホームページ

ページトップ

岡谷会ホーム