岡谷会
 


お知らせ

 ・職員募集
 ・くらしと健康
 ・職員のトピックス

岡谷会ホームへ


くらしと健康
ホームくらしと健康

マンモグラフィで 乳がん検診

 今、日本女性の20人に1人が乳がんにかかるといわれ、女性の壮年期(30〜64歳)のがん死亡原因のトップにもなっています。残念ですが、今の医療では乳がんの発生を予防することができませんので、早期発見・早期治療をすることが大切になります。
 そこで、マンモグラフィ等による定期検診が活躍します。テレビなどで紹介されたこともあるので聞かれたことがあるかもしれません。マンモグラフィとは乳房専用のエックス線検査のことです。これは、しこりを作らないタイプの乳がんや、触診ではわからない小さな乳がんを発見するのに大きな力を発揮します。
 乳房は柔らかい組織でできているため専用の装置を使用します。これは、板状の機械で乳房を上下・左右から挟んで(圧迫して)撮影するため、検査の時にはある程度の痛みを伴います。乳房を薄く引き伸ばすことにより鮮明な写真が撮影できます。また動きによるわずかなぶれも防止できる上に、使用するエックス線の量を減らすことができるのです。圧迫が必要ですから、少しの間、痛みを我慢していただくことになりますが、頑張って下さい。
 痛みの感じ方には個人差があります。閉経前の方は乳腺組織が豊富なので痛みを感じやすいといわれています。一般的に、月経開始から5〜10日目が乳腺の状態が安定し余計な張りが少ないため、圧迫しても痛みが少なくマンモグラフィ検査を受けるのに適した時期です。
 マンモグラフィ以外の乳がんの検査には、乳腺超音波(エコー)検査があります。特に若い方などで乳腺の密度が濃い乳房は、マンモグラフィで全体に白っぽく写り見えにくい場合があるので、超音波検査が有効といわれています。放射線被ばくを避けたい妊娠中の方・強い乳腺症で圧迫に耐えられない方にも適している検査です。

・月に一度は自己検診を
・年に一度は医療機関での検診を
・自己検診で異変に気づいた時は、次の検診の時期を待たずに、すぐに医療機関を受診して下さい。

 おかたに病院では、マンモグラフィは予約制になっています。乳がん検診希望の方はご予約お願いします。(検査は女性技師が担当します)また、しこり等、症状のある方は外科(内藤医師・巳波医師)を受診して下さい。

おかたに病院 放射線科


■看護現場から(16)

「認定看護師をご存じですか?」

 認定看護師とは、日本看護協会が認定する専門的な資格です。一定の期間、大学の認定看護師課程を学び、より質の高い看護ケアを現場で活かします。19分野の認定看護師があります。
 岡谷会では2名の看護師が緩和ケア認定看護師課程を修了し、7月に認定審査に合格しました。おかたに病院病棟と訪問看護ステーションで勤務しています。なぜ認定看護師を目指したのか、今後どんなことをしていきたいのかなどを聞いてみました。
 人生最期の時間を苦痛に耐えながら過ごされた患者さまをたくさん看てきました。少しでも苦痛が軽減できないものかと思い、緩和ケア認定看護師を目指しました。
 緩和ケアとは終末期特定のものではなく、病気に伴う苦痛を身体的側面・精神的側面・社会的側面・スピリチュアルな側面という全人的なものとして捉え緩和していくものです。学んでいくと、思い込みや自分の価値観で看護してきた事に気づきました。他職種と協力しあい、苦痛の緩和が十分でなくとも、寄り添う心を大切にして、患者さまや家族とともに、良い方向を考えていきます。
 現在訪問看護ステーションで勤務しています。住み慣れた家はその人らしく過ごせる療養場所です。患者さまの日常生活を整える援助を中心に、思いを受けとめ、ひとつひとつ丁寧に関わっていきたいと思います。

(緩和ケア認定看護師 山口 早苗

※看護部ホームページ

ページトップ

岡谷会ホーム