岡谷会
 


お知らせ

 ・職員募集
 ・くらしと健康
 ・職員のトピックス

岡谷会ホームへ


くらしと健康
ホームくらしと健康

無料低額診療事業のお知らせ

医療費の支払いに困ったら まず相談を

 12月1日から、医療法人岡谷会の全ての診療所で「無料低額診療事業」をおこなうことになりました。(おかたに病院はすでに実施しています。)
無料低額診療事業とは、社会福祉法第2条第3項に基づいて経済的理由により適切な医療を受けられない人に対して、安心して治療を受けていただくため、自己負担金の免除または低額で診療をおこなう事業です。

窓口負担金を免除、減免

 この事業を利用することができるのは、岡谷会の病院及び診療所で治療を受けられる人で、経済的な理由で診療費の支払いが困難な人です。岡谷会で定めた減免基準に照らし利用の可否を判断し、一定期間、診療費を減免致します。
 おかたに病院及び診療所での診療で、公的医療保険が適用される診療費が対象です。

申請、審査

 おかたに病院及び診療所の受付へお申し出ください。申請された場合には、基準を満たしているかどうかを判断するために、給与明細書や課税証明、年金証書など収入の分かるものを提出いただきます。
 公的制度の利用ができる場合には、そちらの利用について説明・手続きの援助をおこないます。

院外処方箋による薬代は自治体次第

 院外処方箋による調剤薬局での支払い(薬代等)については、今のところ対象になりません。この間の取り組みで、県内の自治体に院外処方箋による薬代を無料低額事業の一環として補助するよう要望してきました。しかし、実現には至っていません。今後も交渉を続けていきます。
 なら健康友の会では助け合い募金の制度の検討を行っております。困った時には、ご遠慮なくご相談ください。

新大宮診療所 事務長 小東 衛


■看護現場から(38)

安全は名前から

  おかたに病院リスクマネジメント委員会では、「安全は名前から」を合言葉に、2015年度活動をしてきました。名前を確認することで、安全な医療の基本である「患者確認」を徹底し、患者さまのとり違いを防ぐためです。
 毎年開催している全職員対象の医療安全大会でも「患者確認」がテーマでした。のべ250人の職員が参加し、患者確認方法ので職場の基本を共有しました。それぞれが気を付けていることなどを話し合い、患者さまと職員が一緒になって安全を守っていこうと決意を新たにしました。
 外来にポスターを貼っていますが、各場面で患者さまには名前と生年月日も聞かせていただいています。体調の悪い時や急いでいる時など、時間を頂いて恐縮ですが、患者確認の徹底のためご協力よろしくお願い致します。

※看護部ホームページ

ページトップ

岡谷会ホーム