岡谷会
 




 ・民医連新聞より
 ・いつでも元気より
 ・民医連医療より

岡谷会ホームへ



ホーム民医連新聞より

楽しく、真剣に 看学生新歓企画

【奈良発】
 4月27,28日に看護学生の新入生企画Poen(Party of egg nurse)を開催。看護学生15人、職員14人が参加。テーマは「私が看護師になりたいわけ」。企画を通じて自らの看護師像を考えようと学生実行委員で決めました。
 学習会では、看護師に密着してとったタイムスタディーをもとに気づきをまとめ発表しました。看護の理想と現実とのギャップ、その背景にある人員不足…。それでもあきらめず追求する看護の大切さ、自分の看護師像に迫ることができました。
 夜の交流会は、「かるた大会」。看護学校や看護の仕事を題材に自分たちでつくったかるたの大争奪戦です(その臨場感をお伝えできず残念)。かるたは「初体験 めっちゃドキドキ尿検査(作品賞受賞作)」「入院も看護師次第でパラダイス」「楽しいよ 患者と過ごす病院実習」などおかしかったり、感動させられたり、″勉強してるやん″と思わせる「迷」作ぞろい。
 2日目のレクリエーションはミニ運動会。五月晴れの炎天下、前夜の寝不足も何のその、チーム対抗のドッジボール、借り物競走、大縄跳びなど闘争心むき出しでがんばりました。企画のしめくくりはDANS恒例の”一休さん”。
 あっという間の2日間、学習や交流を通じ、楽しいなかにも時には真剣な表情を見せる学生たちといっしょに過ごしました。

(山口智美・県連看学生委員会)

 

ページトップ

岡谷会ホーム