ご挨拶と特徴

HOME>ご挨拶と特徴

|ご挨拶と特徴|外来・病棟のご紹介

 私たち、おかたに病院の看護部の理念の一つに「患者さまの立場に立つ視点を忘れずに、患者さまの要求にもとづいた看護を実践する。」という言葉があります。
 患者さまを苦しめるものは病気だけではなく、社会的な要因もたくさんあります。私たちは、一面的に患者さまを見るのではなく、いろんな面から患者さまを理解し、看護したいと思っています。そのためには、患者さまの言葉に耳を傾け、患者さまの目線で患者さまに寄り添い、何を求めておられるのか理解しようと努めなければなりません。
 こういう理念の下で、心に残る看護実践がたくさん生まれました。それは私たちにとって大きな宝物であり、看護を続けていく力にもなっています。
 私たちと一緒にたくさんの笑顔とあったかい涙の看護実践をしてみませんか。
 病棟の看護から外来、診療所、在宅での生活を支える訪問看護などの在宅のチームと連携が取れるのも私たちの強みです。これからも「おかたにさんで良かった。」「この病院に入院して良かった。」と言っていただけるよう、頑張っていきたいと思っています。

 

 

 おかたに病院をセンター病院として、診療所が6ヵ所あり、奈良市東部・大和郡山市の一部を診療圏にしています。老人保健施設1ヵ所・訪問看護ステーション3ヵ所・ケアプランセンター2ヵ所・ヘルパーステーション3ヵ所を有し、高齢者も安心して在宅で暮らせるよう援助できる施設体系になっています。
 生活習慣病など慢性疾患に力をいれ、食生活への援助だけでなく、運動療法が出来るメディカルフィットネスも有り、職員も利用できます。

 おかたに病院の患者様への食事は、ニュークックチル方式を取り入れ、安全でおいしい食事の提供に調理師さんたちは日々研究を重ねています。療養病棟の行事食には1ヶ月以上も前からメニューや調理法を検討し、高齢者でも安心して食べられ、しかも見た目も美しい食事を提供してくれています。一般病棟でも、季節を味わえる食事の提供をしてくれています。

ページトップへ