研修と教育について

HOME>研修と教育について

おかたに病院の研修と教育

|クリニカルラダー|プリセプターシップ第2新卒看護師先輩のメッセージ

 

 おかたに病院では、クリニカルラダー【臨床能力に応じた研修】を取り入れ、卒後から、確実に看護実践能力が積み重ねられる研修体制を構築しています。
 6ヶ月に1回、ラダー評価表に基づいた自己評価・看護師長評価を行い、臨床能力を高める援助を行っています。また、個人面談で、したい看護・受けたい研修など聞き、要望に応えるようにしています。

 ※2008年度研修内容

クリニカルラダー

到達目標

ラダーⅠ

ラダーⅡ

ラダーⅢ

ラダーⅣ

  1. 医療活動方針、看護部方針、職場方針を理解できる。
  2. 日常生活動作援助のための基本的知識、技術、態度を身につけ、看護ケアが安全、確実に実践できる。
  3. 看護師(チームメンバー)の役割と責任を果たすことができる。
  4. 研修、看護実践を通して、看護の知識を深められる。
  5. 個々の看護実践をまとめて発表できる。
  1. 所属する職場の一員としての役割を知り、行動できる。
  2. 看護過程を踏まえた個別的ケアができる。
  3. 医療チームの一員として他職種と連携し、役割を果たすことができる。
  4. 研修の学びを看護実践の場にいかすことができる。
  5. 課題に取り組み、看護実践をまとめ、発表できる。
  1. 医療活動方針、職場方針、看護部方針を推進する。
  2. 看護過程の展開の指導ができる。
  3. 看護チームではチームリーダーやコーディネーターの役割が遂行できる。
  4. 教育的視点を持って、メンバーが指導できる。看護研究に取り組むことができる。
  1. 医療の活動方針、看護部方針、職場方針に参画できる。
  2. 看護実践において創造性と専門性を発揮できる。
  3. 情勢を踏まえた管理能力を身につけ、行動できる。
  4. 教育計画の立案と推進ができる。
  5. 看護研究の支援ができる。

組織的役割遂行能力

ラダーⅠ

ラダーⅡ

ラダーⅢ

ラダーⅣ

責任の最も軽い、難易度の最も低い、軽微な組織の役割を果たす。看護チームではフォローアーやチームメンバーの役割、所属する看護職場では簡単なルーチンの係りの役割を遂行できる。

責任の最も軽い、難易度の最も低い、軽微な組織の役割を果たす。看護チームではフォローアーやチームメンバーの役割、所属する看護職場では簡単なルーチンの係りの役割を遂行できる。

所属する職場で、特殊なまたは専門的な能力を必要とされる役割、または指導的な役割(学生指導、業務改善係、学習会係り、教育委員、リスクマネジメント係など)を遂行できる。

所属を超え、看護部や施設全体、地域社会から求められる役割、成果の問われる責任の重い役割(ジェネラル・リスク・マネージャーなど)を遂行できる。そのための交渉ができる。

看護実践能力

ラダーⅠ

ラダーⅡ

ラダーⅢ

ラダーⅣ

所属する看護職場の基本的な看護実践(基本的な看護技術、看護過程の展開は、ほぼ単独で実施できる。) 

所属する看護職場で日常的に必要とされる看護実践は、ほぼ単独で実施できる。

所属する看護職場で高度な看護実践を行い、さらにモデル的な看護実践の教示をすることができる。

論理的知識と実践的知識を応用し、全人的であり、かつ分析的看護を効率的に実施することができる。

自己研鑽能力

ラダーⅠ

ラダーⅡ

ラダーⅢ

ラダーⅣ

自己の教育的課題を指導によって発見することができる。

自己の教育的課題達成に向けた教育活動を展開することができる。

自己の教育活動に積極的に取り組むとともに、教育活動について指導的な役割を実践することができる。

単独で専門領域や高度な看護技術等についての自己教育活動を展開することができる。組織的研究活動を実践できる。

対人関係・自己制御能力

ラダーⅠ

ラダーⅡ

ラダーⅢ

ラダーⅣ

 

同僚、先輩、医師、他職種に自分の意見を伝えるとき、事前に効果的な方法を考え、準備をした上で行うことができる。

相手の人間特性を考慮して、事前に準備し、効果的な指導・説得ができる。

自分や組織の考え、要求を実践する方向で、問題解決にともに取り組みながら効果的に相手を説得することができる。

 

ページトップへ