ホームくらしと健康

今年も飛散(悲惨)の季節がやってくる


今年も飛散(悲惨)の季節がやってくる

 これから季節が替わって徐々に暖かくなると外出したくなってきますね。しかし、外に出れば沢山飛び回っているものがあります。花粉・黄砂・PM2.5です。厄介なことにつとも同じ時期にピークを迎えるのです。

アレルゲン三兄弟

 3つとも同じ小さい粒ですが中身が全く違います。
 花粉は植物の雄しべからから出る粉状の細胞でスギやヒノキなどのが2〜4月頃をピークに散布します。
 黄砂はゴビ砂漠(中国北部)やタクラマカン砂漠(中国西部)などの乾燥したところから細かい砂が偏西風によって日本へ飛来します。
 PM2.5は2.5μm(1μm/0.001mm)以下の粒子の総称。メディアなどでよく言われているのが大陸から偏西風で飛来する車や工場などが出る排気ガスなどです。
 三兄弟は鼻や口から侵入してアレルギー疾患や気管支疾患を引き起こす原因になります。

体内侵入をブロック

 鼻や口からの侵入を防ぐためにはマスクを正しく着用することが重要です。マスクをしていても隙間があるとそこから侵入してしまい意味がありません。しっかりフィットするものを選びましょう。

屋内侵入をブロック

 三兄弟は衣類に引っ付いて一緒に入ってきてしまいます。玄関先で払ったり、洋服ブラシやコロコロなどで取ってから中へ入るようにしましょう。
 天気予報でも飛散情報が伝えられていますので外出の際は要チェックしてください。

室内の加湿も効果的

 室内を加湿することで水分を含み重くなり舞いにくくなります。洗濯物を部屋干しにすると加湿もできて洗濯物に付着することも防げます。

 それでも症状(鼻水、くしゃみ、目のかゆみなど)がでたら早めに医療機関を受診することをお勧めします。


●暮らしの知恵袋

◆部分暖房を適材適所に

 夏の省エネが強調されがちですが、ほとんどの家庭では、冬の方が電気・ガスの消費量が多いのではないでしょうか。まだ寒さが続く2月、省エネしながら温かく過ごせるよう工夫しましょう。
 まずは重ね着、厚手の靴下、二重カーテン・断熱シート、隙間風対策、加湿などによって体感温度を上げましょう。
 部屋全体を暖めるならエアコン、石油・ガスファンヒーターが効率的ですが、部分暖房も適材適所に使うと省エネになります。昼間に一人でいる時や短時間の暖房には、電気こたつ、電気ひざかけ、電気ストーブなど、消費電力が比較的少ない部分暖房でも十分でしょう。
 たとえば、洗面所や脱衣場、台所、個室には電気ストーブが持ち運べて便利ですし、すぐに暖房できます。密閉した部屋で使えて、空気を汚すこともありません。電気ストーブは、遠赤外線(直接人体を暖める)の放射量が多いカーボンヒーターが主流になってきています。
 部分暖房で気を付けたいのは消し忘れ。外出や就寝の前は早めに切ります。忘れやすい人はタイマーを利用しましょう。

◆エアコン暖房を効果的に

 部屋の中が寒過ぎると、風邪や心疾患など、体調を崩す危険があります。寒冷地でなくても、夜間など冷え込むときは部屋全体を温める暖房を使いましょう。
 最近のエアコンは省エネ性能が向上していますし、重ね着して設定温度をぐらいにすればかなりの節電になります。
 風量は「自動」にしましょう。節電のつもりで「微風」「弱風」に設定していたら、暖まるのに時間がかかり、コンプレッサーの働く時間も長くなって多くの電力を使います。
 風向きは冬は下向きにして、冷気がたまりやすい下から暖めるようにします。ときどきサーキュレーターで上向きに送風すると、たまった暖気が下に送り込まれ、温度差を軽減できます。空気の流れを妨げないよう、エアコンのフィルターはまめに掃除し、室外機の周囲に物を置かないことも節電につながります。


みちしるべ

 普段の生活を少しでも心豊かに送りたいと工夫をしている。弁当の温めをご飯だけでなくおかずも実行、可能な日は17時退勤。私版のカイゼン運動もしている。ささやかだが、実行して思うのは、これまで通りが無駄だったり味気なかったりだ。
 自分の生活を小さな変化で豊かにしたいと考えたのは、世の中の大きな変化に心が泡立っているから。アメリカのトランプ政権しかり、日本の安倍政権しかり。
 しっかり考えたい。自分が理想とする社会は、探すのではなく創るもの。誰の立場の情報か見極め、目標を定め、行動すること。決めた目標は常に意識すること。その一歩が普段の生活のカイゼンです。(M)

ページトップ