ホームくらしと健康

健康診断で体の健康状態を知りましょう

 今や死亡原因の約6割を占める生活習慣病。その予防・早期発見の為に、毎年1回は健康診断を受診しましょう。。

国民健康保険・後期高齢者保険が対象の健康診断

 大和郡山市では、年齢が40歳以上の住民は毎年6月〜1月末までの期間に、特定健診を1回受診する事ができます。自宅に受診券が届いたら、実施している医療機関に確認しましょう。糖尿病・高血圧症・脂質異常症などがわかります。居住地区町村以外の医療機関で健診希望の人は、担当役所窓口で必要書類等があるか確認して下さい。

社会保険で扶養家族が対象の健康診断

 社会保険の扶養に入られている人も、特定健診を受ける事ができます。受診券の発行手続きなどは、社会保険証に記載されている保険者までお問い合わせください。

◎注意事項

・期間中に75歳となる人は、受診券の有効期間に変更があります。
・予約が必要な場合がありますので、希望医療機関へ事前に確認をお願いします。
・生活保護対象者及び公費手帳をお持ちの人は、市からの助成制度がある場合があります。
 詳しくは、「さんて郡山」の担当窓口へお問い合わせ下さい。

胃・大腸がん検診(大和郡山市に住民票がある人)

 40歳以上が対象で、期間は6月1日〜2月末日、受診券は届きません。
・胃がん検診(2000円)
 バリウムを飲んで食道・胃・十二指腸をレントゲン撮影し、胃がんや十二指腸潰瘍などの胃の病気をチェックします。
・大腸がん検診(500円)
 今年度(来年3月31日まで)70歳以上になる人は無料です。
 2日分の便を採取して、血液が混じっていないかを調べる検査です。大腸がんやポリープなどの腸の病気をチェックします。

40歳以下の人におすすめ

 なら健康友の会のすこやか健診をお勧めします。検査項目やオプション項目も充実、費用も安価です。入職時健診や家族の節目健診に活用ください。健康で医療機関にかかることがない青年も含め、家族全員の健康管理をしましょう。(詳しくは診療所にお問い合わせください)
 生活習慣病は偏った食生活や運動不足、喫煙、過度の飲酒などの不摂生な生活をしていると発症するリスクが高くなると言われています。
 また、日本人の三大死因と言われているがん・心臓病・脳卒中は、いずれも早期発見がとても重要です。自分は大丈夫と過信せずに毎年1回は健診診断・各種検診を受けて自分の体の状態を知る事が重要です。


●暮らしの知恵袋

◆部屋をすっきりさせる工夫

 新年度も始まり、居住環境をよくして気持ちを新たにしたいもの。部屋がすぐ散らかるという人は、そうならないように仕掛けや行動パターンを工夫しましょう。
 まず、不要なものを部屋の中に持ち込まないよう、玄関の下駄箱の中か目立たない片隅に紙ゴミ入れの袋を置きます。郵便受けから取り出した不要な広告チラシなどは、即座にそこに入れます。
 帽子、スカーフ、コート、ジャケットなどは玄関口に掛ける場所を確保。帰宅したら、すぐに所定の場所に掛けます。その際、コートなどのポケットには何もない状態にしましょう。特にカギや交通機関の定期券はポケットに入れて後で探し回ることのないよう、玄関あるいは部屋に置き場所を決めておきます。
 床に直接モノを置かないことも部屋をすっきりさせる秘けつ。掃除もしやすくなります。モノは吊り下げるか収納家具に入れるようにします。収まりきらない場合は、不用品の処分を検討しましょう。
 帰宅したとき、買物したモノはすぐに出して所定の場所に収納。着替えた服も椅子などに置かず、ハンガーにかけます。普段使うカバンは、大きめのカゴか箱に入れるようにします。吊り下げるより中身が出し入れしやすいですし、すぐ処理できない書類や、翌日持ってでかけるモノなども入れておけます。

◆クリーニングを出す前に

 冬物衣類を仕舞う季節です。食べこぼしのシミや汗が付いたまま仕舞うと、虫食いで穴があく恐れがあります。よく着たものは洗ってから仕舞いましょう。
 ドライクリーニングに出すときは、衣類に食べこぼしのシミなどがないかチェック。ドライクリーニングでは油性の溶剤を使って洗浄するので、食べ物のシミや汗などの水溶性の汚れは落としきれません。食べ物などのシミがある場合は、クリーニング店に伝えて適切な処理をしてもらいましょう。
 クリーニングから戻ってきたら衣類のビニールカバーは、湿気や熱で変色する原因になるのて外します。外して風を通してから収納しましょう。


みちしるべ

 福島医療生協わたり病院院長の斎藤紀(おさむ)先生の話を聞いた。斎藤先生は、福島で暮らしている人の健康を守ろうと奮闘している。福島に残っているのが正しいのか、避難するのが正しいのか、6年がたった今も正解はない。
 福島県民健康調査の結果、子どもの甲状腺がんは20倍から50倍の多発が生じているし、研究報告には汚染地域で流産・乳児死亡率、周産期死亡率が増加しているともある。しかし、斎藤先生は、それほど多くの放射線量はなかったし、現地でお母さんを前に、甲状腺がんが20倍ですとは言わない。学問研究を否定しないが、今、目の前にいる人の健康を守るということと両立させたいと話す。
 目の前にいる患者さんや利用者さんを全力で支える私たち民医連職員の魂だ。(M)

ページトップ