ホーム>認知症対応型通所介護「楽」

楽 高齢者の落ち着く空間作り 地域密着の認知症対応型通所介護施設

 片桐民主診療所では、認知症対応型通所介護「楽(らく)」を始めました。
 認知症対応型通所介護とは、日常生活に必要な入浴・排泄・食事などの介護など身の回りのお世話や機能訓練を施設などで受けるサービスで、認知症(痴呆)の方が対象となります。この介護サービスは、2006年からはじまった地域密着型サービスのひとつです。
 ひと昔前まで老人性痴呆と呼ばれていた後天的な知能低下も認知症と呼び名が変わり、その捉え方も変容しています。そのような情勢のなかで認知症の高齢者やその家族の方々をサポートしたいという思いから「楽(らく)」を開設しました。

 大きな特徴は、利用者を1日12人までの少人数としたことと、担当スタッフの固定化です。なじみあるスタッフで信頼関係を築き、利用者に落ち着きある空間を提供します。
 現在、利用希望者の受付を行っています。 認知症の高齢者と介護する家族の負担を軽減できるよう、スタッフ一同、いつでもお待ちしています。ご連絡をください。


  認知症対応型通所介護・介護予防認知症対応型通所介護「楽」
   〒639−1054
   大和郡山市新町305−92 片桐民主診療所内
   TEL:0743−55−2085 FAX:0743−55−2118(デイケア直通)

個人情報の取り扱いに関する基本方針

→WAMNET(認知症対応型通所介護介護予防認知症対応型通所介護「楽」)

ページトップ