薬学生のみなさまへ


おかたに病院薬剤科のご紹介

薬剤師の業務

調剤業務

外来は95%以上、院外処方箋を発行しているため、入院調剤のみを行っています。
電子カルテの導入により、入院患者ごとの薬歴管理で禁忌薬の管理や、副作用の再発防止などにも取り組んでいます。

注射剤・抗がん剤 無菌調整

2011年に無菌調整室を設置し、サテライト型のクリーンベンチと安全キャビネットを備え、高カロリー輸液などの調整および抗がん剤のミキシングを行っています。
感染制御の面でも重要な業務です。

服薬指導

様々な診療科の患者さまと関わり、何気ない日常の会話から薬の相互作用や副作用をチェックしています。日々変化する患者さまの様子を見ながら寄り添い、自宅でも継続して安全に薬が使えるような工夫を行います。

他職種とのチーム医療

褥瘡対策チーム

医師、看護師、栄養士、理学療法士などと連携しながら褥瘡の予防・治療にあたっています。
基本的に治療方針はドクターが決めますが、薬剤師の立場から新しい薬を提案することもあり、チームのメンバーから頼りにされているのを感じます。

ICTチーム(感染制御チーム)

ICTチームとして院内ラウンドを実施し、抗生剤の使用状況のチェックを薬剤師が行います。広域抗生剤は届出制をとり、抗MRSA薬の初期投与設定にはシュミレーションソフトを使って用法用量の提案を行います。

リスクマネジメントチーム

医療安全委員長を筆頭に病棟看護師、セラピスト、栄養士が月1回会議を持ち、各部署から提出されるインシデント報告書の内容とその対策を協議・検討し、患者さまに「安全・安心の医療」を提供できるよう活動しています。

緩和ケアチーム

緩和ケア認定看護師を中心に医師、病棟看護師、退院支援看護師、在宅看護師、薬剤師、セラピストが月1 回カンファレンスを行い、患者さんの悩みや不安について、一緒に考え、納得できる選択をするために活動しています。

呼吸ケアチーム

呼吸療法認定士を中心に呼吸に問題を抱える患者さまに対して、呼吸が少しでも楽になり、日常生活を過ごしやすくなるようサポートしています。

糖尿病支援チーム

糖尿病療養指導士が中心となり、医師、看護師、薬剤師、栄養士、検査技師が糖尿病患者さまの日常的な療養生活のサポートを行い、重症化を予防します。

その他

副作用委員会
新薬評価委員会
後発医薬品評価委員会 などへ参加しています。

薬剤師の講師活動

地域の患者さまのところに出向いてお薬や病気についてのお話をさせていただくなど、患者さまと密にかかわることができるのもおかたに病院ならではです。
毎年秋に開催される奈良糖尿病デーにも医療スタッフとして参加し、医療相談を担当するなど保健予防活動にも取り組んでいます。
院内では、他の医療スタッフから薬の講義を依頼されることも多く、院内の他のスタッフと広く連携をとることで働きやすさにつながるような活動も行っています。

「高め合う」研修で、キラキラ輝く薬剤師に★

研修には、薬剤師としての専門力量の向上と、世代別の役割・課題遂行の二つがあります。専門性の向上へは、医師をはじめ他職種との学習会が特徴的です。
また、社会人としての新人研修、基礎からの応用が求められる中堅、専門性を高め、職場をまとめる管理職へと段階を追って行います。

広い視野で成長できる研修プログラム

1年目

5月
接遇/コミュニケーション/電話応対について/医療保険制度について
7月
在宅業務/介護施設について・輸液の基礎
11月
薬疹連携について/添付文書/インタビューフォームの見方/処方監査・調剤報酬について
2月
1 年間のまとめ発表

2年目

副作用報告・新薬評価・後発医薬品評価について学び、各委員会に参加し実際に評価する

2 月
1 年間のまとめ発表

3年目以降

各学会への参加、および学会発表
1 年に1 回 研修会への参加
など

奨学金制度

薬科大学、薬学部に通う学生さんで、卒業後、医療法人岡谷会おかたに病院の薬局で働く意思を持った方対象の奨学金制度があります。

  <貸与額>
  1~2学年  50,000円
  3~4学年  60,000円
  5~6学年  70,000円

      ※返済免除規定あり


奨学生になるまで

まずは、お電話またはメールでご連絡ください!奨学金制度の詳細をご説明させていただきます。
面接日程をご相談し、面接をさせていただきます。提出書類を準備のうえご提出ください。
奨学金受給が決定しましたら通知いたします。

見学はいつでも対応させていただきます!


思い描いていた「チーム医療」を実践しています!

就活中は「多職種と連携したチーム医療に関わりたい」という思いから、病院薬剤師を志望していました。なかでも当院に興味を持ったのは、親戚が入院した際「とても親切だった」と良い評判を聞いたから。実際、現在は褥瘡対策チームに入り、ドクターやナースなど様々な職種と連携しながら、褥瘡の予防・治療にあたっています。まさに学生時代思い描いていた“チーム医療”そのもの!
薬の専門家としての力を発揮できるやりがい十分です。
薬剤師が入っているチームは他にもたくさん。これから入職される方もチーム医療に関わるチャンスは大きいはずです!

先輩薬剤師より

健診センター
健診センター
在宅医療センター
在宅医療センター
透析センター
透析センター
リハビリテーションセンター
リハビリテーション
センター
  • T-POINT
  • のぞみ保育所

事業所のご案内

採用情報

看護部サイト