診療所のご案内
TOP>診療所のご案内

|診療所のご案内|佐保川診療所の沿革

佐保川診療所外観 外観 待合室 待合

■外来診療

 高齢化社会が進む中、「安心してかかれる診療所」をめざして、職員一同奮闘しています。また、佐保川診療所は、民医連加盟の診療所として、患者さんの立場に立った良い医療を提供するだけでなく、「患者さん・国民のための医療」を目指して、医療・社会保障制度の向上のために、行政機関などへも積極的にはたらきかけていきます。
 糖尿病や高血圧・高脂血症などの慢性疾患は、継続して治療を行うことが重要です。佐保川診療所では、定期的な検査・全身チェックを行って、合併症を防ぎ、他の病気の早期発見を行うなどのフォローアップをしていきます。
 おかたに病院や、奈良市総合医療検査センターなどの他の医療機関と連携し、各種精密検査の実施による疾患の早期発見と治療、入退院時のケア等、細かくフォローいたします。

 診療体制(2017年4月現在)

*
午前診
9〜12時
田中
岡部
伊藤
田中
田中
往 診
*
*
田中
田中
*
*
夜間診
17時30分〜
19時30分
*
*
伊藤
*
*
*

※土曜午前:第1・3週(田中)・第2・4週(非常勤医師)

※予約診療を行っております。くわしくは診療所まで、お問い合わせください。
※往診についても、お問い合わせください 。

■訪問診療・往診

 「往診の岡谷」の伝統を受け継ぐべく、在宅医療のとりくみをすすめています。
 何らかの理由で医療を要するのに、病気や障害でなかなか診療所や病院に行けない方の為に、医師と看護師がお宅に定期的に訪問し、診察・治療を行います。
 じょく瘡の処置・在宅酸素療法などを行っている患者さんへは、処置の方法等の指導を随時行っています。
 おかたに病院と24時間連携体制をとっています。当診療所の休診時等における緊急の場合も、速やかに適切な対応を行います。
 適宜、看護師による訪問も行って、 患者さんの病状の把握にも努めています。

おかたに病院 在宅医療センターのページへ

■予防接種

 毎年冬になると猛威をふるうインフルエンザ。 佐保川診療所では、インフルエンザの流行する時期に免疫が保たれるよう、10月〜12月末にかけて、インフルエンザワクチンの接種を行っています。



佐保川診療所