くらしと健康
TOPくらしと健康>2016年8月

熱中症予防 室内は温度計で管理

 熱中症の季節です。奈良は埼玉や岐阜と並んで日本で最も暑いところの一つです。
 今回は「なぜ熱中症になってしまうのか(室内編)」について心理学的な説明と、具体的な予防・対策をお話します。

 人は誰しも急に暑くなれば我慢できず、逃げ出すか、エアコンや扇風機をつけるでしょう。例えば、買い物が終わって駐車場の車に戻ったら、車内は蒸し風呂!その中で平気ではいられないでしょう。

 しかし、人間には「適応力」があり、ゆっくりと暑くなる場合はかなり耐えられます。ときどき「あついな…」とは感じても、「まぁ、夏だから仕方ない」とか、「電気代上がったしなぁ」などと、「熱い感じ」をやり過ごせてしまいます。恐ろしいことに辛抱がある程度限界を超えてしまうと、「暑い」と感じなくなってきます。「心頭滅却すれば火もまた涼し」の状態になってくるのです。これは解離と呼ばれる現象の一つです。こうなると何となく気分が悪い、フラフラする感じだけれど、暑さのせいだともはや分からなくなっています。

 「自分の意識と自分の身体の状態とはいつも合っているとは限らない」ということを分かっておくことが、熱中症の重要な対策だと私は考えています。私は自分の感覚よりも温度計を信じています。温度計の温度が高いのなら自分では大丈夫と感じていても、危ないかもしれない、身体はしんどがっているかもしれない、ということで対策をとるようにしています。

具体的な体のサイン

・全身のだるさ、疲労感。
・食欲不振
・脱水症状、熱射病
・熱けいれん(こむら返り)

予防、対策

◎栄養科の高い食事、量より質に重点を。
 良質のたんぱく質、高ビタミン、高エネルギーの食品をとる。食欲がない時は温度や味付けで工夫しましょう
◎こまめな水分補給。
 のどが渇く前にこまめに補給し、胃腸が弱るため冷たいものを一度に多量に飲まないように注意しましょう。
◎こまめな室温調節。
 室温が28℃を超えないように注意するとともに、室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなるので、エアコンの温度調節をこまめにしましょう。
◎良質な睡眠で疲れをとる。
 寝る30分〜1時間前に、ぬるめのお風呂につかる。暑くて寝苦しい時には氷枕を使ったり、早めに就寝しましょう。エアコン利用時はタイマーを忘れずに。

注意してください

・幼児や高齢者は体温調節がしにくいため注意が必要です。
・上記のような症状が重く、つらい時や長期間続く時は、重い病気が隠れている場合がありますので、近くの医療機関で診察を受けましょう。


◎特定健診を受けましょう / 検診パスポートに変わっています

 7月から奈良市が取り組んでいる特定健診、大腸ガン検診が始まりました。国民健康保険や後期高齢者の方が対象になります。(社会保険に加入している扶養家族の方は通年実施)
 特定健診となら健康友の会が取り組む「すこやか健診」、そして大腸ガン検診。全部受けると全身健康チェックができます。
 今年から「検診パスポート」として、大腸ガン検診、各種検診、特定健診と枚つづりで送付されていますので、切り離さず、そのままお持ちください。健診を受ける時は予約をおすすめします。ご不明な点や詳しくは、診療所職員にお尋ねください。


◎暮らしの知恵袋 / 節電しながら涼しく

 立秋を過ぎても、これまでの熱が蓄積しているため、暑さはより厳しくなります。節電しながら少しでも部屋の温度を下げるにはどうしたらいいでしょう。
 まず、日射熱が部屋の中に入らないよう、昼間はカーテンやすだれなどで日除けを心がけましょう。
 朝、ベランダや庭の植木に水やりするときは、ついでに打ち水をします。
 風を通すことも大事です。夕方、帰宅してエアコンをつける前に、まず窓を開け風を通して室温を下げましょう。窓は部屋の中を通り抜けるよう対角線上に開けます。1ヵ所だけ開けるときは換気扇を回して風の通り道をつくります。
 エアコンをつけたら、扇風機やサーキュレーターもつけ、エアコンの風に横から当てるように風を送ります。空気が拡散されるため、エアコンの温度設定が高めでも涼しく感じられます。


映画鑑賞会に来ませんか?

 毎月第3木曜日午後1時より、佐保川診療所2階会議室で映画鑑賞会を開催しています。
 「鉄道員」や黒澤明監督の「生きる」など昔懐かしい作品から、「ペコロスの母に会いに行く」など皆さんのリクエストを聞き、鑑賞作品を選んでいます。鑑賞後は帰る人もいれば、コーヒーを飲んで一休みして帰る人もいます。
 興味のある方はどなたでも参加できます。一度お越し下さい。


喫茶「いこい」 ボランティア募集

 佐保川診療所では毎週火曜日(朝10〜12時)に診療所2階で喫茶コーナーを設けています。患者さんの待ち時間や、ご近所の方の情報交換の場として利用いただいています。

運営は友の会の役員さんを中心にしています。
喫茶のお手伝いいただける方、お気軽にご参加下さい。
ボランティアに関するお問い合わせは佐保川診療所まで。



佐保川診療所