診療所のご案内
TOPメディカルフィットネスあおがき


健康ミニ講座TOP|腸内環境を整えて免疫力アップ |

[ 腸内環境を整えて免疫力アップ  ]

 身体全体の免疫機能の70%が腸に集まっていると言われています。 「腸は第二の脳である」という学説もあります。

小腸:
 あらゆる消化器官の中で唯一栄養を吸収する臓器です。
 精神を安定させるセロトニンという神経伝達物質の95%が腸で作られています。
 表面積はテニスコート1面分に相当します。

◎腸を健康な状態に保っていくことはとても大事なことです。

 免疫細胞が元気に活発に働けるのは腸内細菌のお陰です。腸の中には約500種類、100兆個の細菌が住み着いています。腸内細菌の種類は善玉菌、悪玉菌と腸内の環境状態によって善玉菌にも悪玉菌にもなる日和見菌という3種類に分類できます。

善玉菌:
 乳酸菌・ビフィズス菌など・・糖を分解し乳酸や酢酸を作り、 腸内を弱酸性にすることで有害菌の繁殖を抑えて免疫力を高めてくれる。

日和見菌:
大腸菌(無毒株)・バクテロイデスなど ・・ 中間的な菌

悪玉菌:
 大腸菌(有毒株)・ウェルシュ菌・ブドウ球菌など・・
 タンパク質や脂肪を分解し有害物質を作る。有害物質は腸管から吸収される。

◆腸の状態は便の色に現れます。

 ・善玉菌が多く健康的な便=黄土色〜こげ茶
 ・悪玉菌が多く食生活が乱れている人の便=薄茶、白色、黒、黒褐色    

◆良い菌を増やし、悪い菌を減らして腸内環境を改善していきましょう!

 善玉菌を増やすには、善玉菌の栄養源となる食物繊維とオリゴ糖を毎日の食事に積極的に取り入れましょう。また、ヨーグルトや乳酸菌飲料、チーズや納豆などの発酵食品には、善玉菌が豊富に含まれていますので、継続的に摂取しましょう。適度な運動で体を動かし、ストレスの少ない生活を心掛けることも大切です。

◇◆◇

 認知症介護の体験談をお話してくださった方の本が、あおがき休憩スペースに置いてありますのでお読み下さい。


年間予定表をさくら診療所の待合に掲示しています。
テーマ等は変更する場合があります。各月の詳細をご確認ください。




当施設は、医療法人岡谷会 さくら診療所 に併設しております。メディカルチェックをはじめ、生活習慣病外来、禁煙外来、栄養相談等を行い、医療面でのサポートも充実しています。

あおがき今月のスケジュールグループエクササイズのご紹介

ページトップへ

 
さくら診療所 メディカルフィットネスあおがき