診療所のご案内
TOPメディカルフィットネスあおがき


健康ミニ講座TOP|介護保険の話 |

[ 音楽を使って、健康体操  ]

『歌う』ことについての健康効果は、近年注目されていて、ストレス解消の効果だけでなく認知症予防・介護予防にも良いと言われています。

『歌う』ことの効果
 
 歌うことで普段の3倍の肺活量を必要とするため、無意識に腹式呼吸になり自律神経を整えて、脳を活性化させます。
また、歌うことで唾液の分泌が促されます。
歌う曲が子供の頃に歌った童謡や懐かしい思い出の曲であれば脳の記憶を司る部分が刺激され、更に効果があるようです。
口や喉を動かすことによって、その周囲の筋肉が鍛えられ、ものを飲み込む力が付き、嚥下能力が鍛えられるので、誤嚥等による事故や病気の防止に繋がります。
更に、歌いながら体を動かすこと(デュアルタスク運動)で、認知症予防に繋がります。
 
 『デュアルタスク運動』とは、2つの事を同時に行う動作のことを言います。2つの事を同時に行うと脳は混乱し、その混乱を整理するために脳が活性化し血流量が上がります。
加齢等の様々な要因により脳の血流量が少なくなると脳の機能も低下していくことが分かっています。
 デュアルタスク運動で活性化されるのは、特に前頭葉と言われる部位で、運動を行う機能と思考を司る脳の最高中枢です。この部位が血流不足で働きが悪くなると、状況判断力の低下が顕著に表れます。
生活の中でも2つの事を同時に行う動作を意識して、脳を活性化させましょう。
 
『歌いながら、体を動かす』以外にも日常生活の中でできる『ながら運動』の例
◎買い物をしながら足し算
◎洗濯物を干しながらしりとり
◎シャンプーをしながら今日会った人の名前を思い出す
◎歯磨きをしながら足踏み
など

 

 

 

◇◆◇


年間予定表をさくら診療所の待合に掲示しています。
テーマ等は変更する場合があります。各月の詳細をご確認ください。




当施設は、医療法人岡谷会 さくら診療所 に併設しております。メディカルチェックをはじめ、生活習慣病外来、禁煙外来、栄養相談等を行い、医療面でのサポートも充実しています。

あおがき今月のスケジュールグループエクササイズのご紹介

ページトップへ

 
さくら診療所 メディカルフィットネスあおがき