診療所のご案内
TOPメディカルフィットネスあおがき

◎3月のトピックス


●ダイエットのワンポイント・・・シリーズ(4)
  『皮下脂肪と内臓脂肪』

 最近、内臓脂肪と皮下脂肪という言葉をよく耳にしませんか?しかし、これらの違いが良く解らないという方も少なくないのでは? 今回はこの二つの脂肪について簡単にご説明します。
 脂肪は皮下だけでなく、おなかの内部、特に腸管や肝臓などの内蔵の周辺につきます。皮下にある脂肪を『皮下脂肪』、内臓の周囲についた脂肪を『内臓脂肪』といいます。皮下脂肪型肥満は下半身に脂肪がつくため『洋なし形肥満』、内臓脂肪型肥満はウエスト周径が太くなるため『りんご型肥満』と呼ばれています。
 内臓脂肪は、皮下脂肪よりも生活習慣病の起因となりやすいと言われています。ご自分の内臓に脂肪を溜め込んでいないか、チェックしてみましょう!

その1:BMIが25以上で、お腹が出ているが手でつかめない。
その2:ウエスト周径(おへそ周り)が、男性で85cm以上、女性で90cm以上。

 これらに当てはまる方は、内臓脂肪型肥満の疑いがあります。まずは、ウエスト周径を測る習慣をつけましょう!内臓脂肪は、つきやすいけれど、その分落ちるのも早いといわれています。食事内容の見直しや運動によって、計画的に減らすことが可能です。日々の運動やバランスの取れた食事で、健康な体作りに取り組みましょう!


●食事のワンポイント・・・シリーズ(4)
    『飲みものの砂糖含有量を知ろう!』

 市販のコーヒーやジュースには、思っている以上に砂糖が入っています。特に缶コーヒーは、ホットでは甘みを強く感じますが、アイスではあまり抵抗なく飲みがちです。このような飲みものは習慣化しやすいので、飲みすぎに気をつけましょう。飲みすぎを続けると、中性脂肪値が高くなったり、糖尿病の原因になる場合があります。

★飲みものの砂糖含有量の一例
    コーヒー  13〜15g/190ml      
    コーラ   35g/350ml       
    紅茶(ストレート) 16g/350ml 
    スポーツドリンク  15〜23g/350ml      
    オレンジジュース  15〜20g/350ml  
  (通常家庭でコーヒーに入れる砂糖は3〜5g程度です!)


●トレーニングマシンのご紹介

 ・クランチ(マシン記号B)


あおがき今月のスケジュール今月のトピックス

ページトップへ

さくら診療所 メディカルフィットネスあおがき