診療所のご案内
TOPメディカルフィットネスあおがき

◎8月のトピックス


●ダイエットのワンポイント・・・シリーズ(9)
  『自分自身を見つめなおしてみませんか?』

 前回、停滞期やリバウンドについてとりあげましたが、今回はその対策として、『体重管理』『食事日記』のふたつのポイントを紹介します。
 皆さんは思いつきで体重を測り、その度に一喜一憂・・・なんて事はありませんか? せっかく体重を測っても記録しないため、いつ、どのような状況で体重が変化したのか、どんな事がダイエットに影響していたのかを見過ごしてはいませんか?
 体重測定のポイントは、毎日同じ時間帯に測定し、グラフにする事。これで日々の体重の増減も一目で分かります。また体重が増えた時には、その日の様子を書き記しておけば、体重を減らす対策も立て易くなります。3ヶ月程記録し続けていくと、自分の体重管理のペースも掴む事ができ、無理なくダイエットが続けられるはずです。
 食事に関しても、その日の食事内容を記録し、振り返ってみる事でダイエット対策に役立つはずです。具体的には、食事の種類・量・時間帯等を記録し、食べ過ぎを防ぎましょう。 
 自分自身を見つめなおす事は、ダイエットの障害になっている事や弱点に気づき、自分にあったダイエット法を見つけたりといったメリットだけでなく、今はダイエット中!という意識を定期的に思い出させてくれるという効果も期待できます。


●食事のワンポイント・・・シリーズ(9)
    夏の食事対策!

 今回は、夏の食事に関して3つのポイントを説明します。
(1)水分補給・・・
 発汗量が多くなります。通常は水やお茶(麦茶など、カフェインの含まないもの)を取りましょう。大量に汗をかいた時や長時間の運動時には、水分と共にミネラルも失われてしまいますので、スポーツドリンクを飲みましょう。
(2)夏バテ防止・・・
 そうめん等の摂取が増え、糖質過剰になります。糖質をエネルギーに変える助けをするビタミンB1も一緒に摂りましょう(豚肉・玄米・そば・うなぎ等)。
(3)日焼け防止・・・
 紫外線によって増える活性酸素予防として、抗酸化作用のあるビタミンC(ブロッコリー・小松菜・ネーブル・キウイ等)、ビタミンE(アーモンド・サラダ油・かぼちゃ・ほうれん草等)を摂りましょう。また、ビタミンCは、メラニンの生成を抑える働きもあります。
 毎日暑いこの季節、食欲も低下しやすく、食べやすいものに偏りがちですが、色々な食材をバランスよく摂るようにしましょう!


●トレーニングマシンのご紹介

 ・レッグエクステンション(マシン記号G)


あおがき今月のスケジュール今月のトピックス

ページトップへ

さくら診療所 メディカルフィットネスあおがき