診療所のご案内
TOPメディカルフィットネスあおがき

◎10月のトピックス


● 体を整える体操

 シリーズ(10 〜身体のゆがみをリセットしましょう! 〜

 2013年の運動は、誰もが一度はしたことのあるラジオ体操を紹介します。
 一つ一つの動きを意識して正しく行うことで、驚くほどの効果アップにつながります。

 

 

 

@両足を肩幅に開いて立ちましょう。
A両手を、肩の高さにあげて右斜め前から始めましょう。
B両手の幅を変えずに肘を伸ばして、
 腰から上を円を描くように前→左→後ろ→右→前→左にと大きく回しましょう。
 (両足の膝を曲げないようにしましょう)
 (※腰に痛みのある人は、腰を反らし過ぎないようにしましょう)
C続けて、左斜め前から逆に回しましょう。 (2回行いましょう)



●健康ミニ講座より

「 食べる楽しみいつまでも、健康はお口から 」

 お口が不健康・不衛生だと歯周病やむし歯になるだけではなく嚥下障害やそれによる誤嚥性肺炎、細菌感染によるほかの臓器の疾患などといった大きな病気につながることもあります。
 また、高齢になると自分の歯が減り、だ液の分泌も一日1.5〜2リットル出ていたものが、65歳以上では350ミリリットルにまで減って飲み込む力も弱くなってしまいます。
 お口を健康に保つために口腔ケアをすることが大切です。

◎お口を健康に保つためのアドバイス

◎顔面体操
 くちびる、ほほなどの筋肉を動かして、お口の機能をアップする。

◎舌体操
 舌を上へ下へ右へ左へ動かし舌の筋肉をきたえることでだ液が出やすくなる。

◎パタカラ発声
 パパパ、タタタ、カカカ、ラララと発声し唇や舌、ほほの力をきたえ飲み込む力をアップする。

 日ごろのブクブクうがいにも歯周病予防、肺炎防止、口腔機能を保つ、ほほの筋肉のひきしめ顔立ちを若々しくする効果があります。
 楽しく、おいしく食べるために口腔ケアをしましょう。


あおがき今月のスケジュールグループエクササイズのご紹介

ページトップへ

 
さくら診療所 メディカルフィットネスあおがき