診療所のご案内
TOPメディカルフィットネスあおがき

◎6月のトピックス


● 正しい筋力トレーニング

 シリーズ(6 〜 呼吸もしっかりお腹でシェイプアップ ‐お腹‐ 〜

 2014年の運動は、筋力トレーニングを正しいフォームで行うことで、それぞれの効果アップに繋げていきましょう。

@仰向けに寝て、両足は肩幅に広げて膝を90度位に曲げましょう。
A両手を膝の高さに伸ばして、息を「フーフー」と2回吐きながら、おへそを覗き込むように、首に力を入れないようにして頭、肩を上げましょう。背中は、床から少し離れる位まで上げていきましょう。
B両手は、両膝の間を突くように、動かしましょう。
C息を2回吸いながら、背中から肩、頭をゆっくりと元に戻しましょう。
 (10〜15回)


●健康ミニ講座より

「腎臓にやさしい食事 」

 腎臓の働きが悪くなると、体内に老廃物や毒素が蓄積され、水や電解質の調節が障害され、ホルモンが正常に働かなくなります。
 腎臓病は症状がないまま進行してしまいます。定期的に健診を受けて、早期に適切な治療をすることで、腎臓病の機能が低下する速度を抑えることが可能です。

◎ 腎臓病の進行を抑制するためには ◎

1.たんぱく質を摂りすぎない

 たんぱく質を摂りすぎると代謝産物の毒素(尿毒素)が増えます。尿毒素は腎臓でろ過されるため、腎臓の仕事量が増え負担になります。
 たんぱく質にはリンが多く含まれています。このリンが腎臓を傷めます。

2.適正なエネルギーの摂取

 エネルギーが不足すると、自分自身の体のたんぱく質をエネルギー源として利用しようとし、たんぱく質を多く摂った時と同じ状態になり、病気の進行を早めます。

3.食塩の摂取量を控える

 食塩の摂取量が多いと、高血圧やむくみの原因になります。また、腎臓に過剰な負担をかけます。1日6g未満にしましょう。


あおがき今月のスケジュールグループエクササイズのご紹介

ページトップへ

 
さくら診療所 メディカルフィットネスあおがき