診療所のご案内
TOPメディカルフィットネスあおがき

◎11月のトピックス


● 正しい筋力トレーニング

 シリーズ(11 
  〜 後ろ姿から若さを取り戻しましょう!‐肩・背中・お尻・太ももの後ろ‐ 〜

 2014年の運動は、筋力トレーニングを正しいフォームで行うことで、それぞれの効果アップに繋げていきましょう。

@四つんばいの姿勢をとりましょう。
 (顔を上げると首を痛めるので、顔は下を向けたままで。
                     腰は反らしすぎないように注意しましょう)

Aバランスをとりながら、右手と左足を同時に上げて、
                  手の先から足の先まで一直線に伸ばしましょう。

 3〜5秒姿勢を保ち、ゆっくり元の姿勢に戻したら、Aに戻って5〜10回続けて繰り返しましょう。反対の手足も同じように行ないましょう。回数は少しずつ増やして、10回を目指しましょう。

※呼吸は手足を上げながら吐いて、下ろしながら吸いましょう。



●健康ミニ講座より

「 認知症の予防について 」

『楽しくみんなで認知症予防』

 認知症は65歳以上では10人に1人、85歳以上では4人に1人がなる病気です。
 言葉のやり取りや判断、自分や周囲の状況把握など、今まで出来ていたことが出来なくなり、自立した生活が困難になってしまいます。

加齢と認知症による物忘れ

 加齢による物忘れは、物忘れをした自覚があり、一部の出来事を忘れても他のヒントから思い出すことができます。時間や場所、人までわからなくなることはなく、日常生活に大きな支障はありません。
 しかし、認知症による物忘れは、物忘れをした自覚が乏しく、丸ごと全部の出来事を忘れるのでヒントがあっても思い出すことが困難になります。時間や場所、人もわからなくなり、日常生活に支障が出てきます。不安や焦り、うつ状態、興奮や暴力、幻覚や妄想など、心理状態、性格にも症状があらわれます。

運動や食事、日常生活の送り方に注意しましょう!

 一時的な症状や治る場合もあるので、早期に受診をして、診断・治療を行いましょう。
 認知症発症の危険性を少なくするために運動や食事、日常生活の送り方に注意しましょう。

※野菜を中心にバランスよく食べましょう。
※よくかんで脳を活性化しましょう。
※たくさん手を動かしましょう。
※楽しく運動しましょう。


あおがき今月のスケジュールグループエクササイズのご紹介

ページトップへ

 
さくら診療所 メディカルフィットネスあおがき