診療所のご案内
TOPメディカルフィットネスあおがき

◎4月のトピックス


● ふとんストレッチ

 シリーズ(4 
  〜 肩周りを伸ばしましょう 〜

 2015年は、布団の上でストレッチをして、朝は起きてからスムーズに動ける体に・・夜は寝る前に、日中に使った体を元に戻して、明日につなげる体作りをしていきましょう!

 
@正座の体勢から、ゆっくり体を前に倒して、手の平を下に両手を枕の上にのせましょう。
A手の平を上に向けて、頭を両腕の間に入れて肩周りから背中・脇の下をゆっくり伸ばしましょう。
B初めてする方や肩に痛みのある方は、手の平を下にしたままで頭を両腕の間に入れて背中・脇の下をゆっくり伸ばしましょう。


●健康ミニ講座より

「 血液サラサラのための食事 」

 血液の働きは、体のすみずみに栄養分や酸素を送り、不要な老廃物や二酸化炭素を
除去したり、傷口をふさいだり、細菌をやっつけたりします。
血液が体内をスムーズに流れている「サラサラ」の状態と、血液が流れにくくなっている「ドロドロ」の状態ではどのように違うのでしょうか?

サラサラ血液
 スムーズに血管内を流れて、全身の細胞へ栄養と酸素を供給し、免疫機能が正常に働き、ホルモンバランスがとれることにより、健康維持、生活習慣病予防につながります。
ドロドロ血液
 血管を通りにくくなっているため、細胞へ栄養と酸素が届けられず、免疫力が低下し、ホルモンバランスが狂うことにより、様々な病気を誘発していきます。

◇◆◇

◎血液サラサラに効果的なもの

DHA・EPA

 青魚に多く含まれ、赤血球や血小板に作用して血液の流れをよくします。また、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラにする効果があります。

 ・イワシ、アジ、サバ、サンマ、カツオ、ブリ、マグロ、サワラなど

ビタミンC・ビタミンE・βカロチン

 抗酸化作用が強く、動脈硬化の予防に役立ちます。野菜や果物を積極的に摂りましょう。
 ・ビタミンC・・・赤ピーマン、菜の花、ブロッコリー、キウイ、いちご
 ・ビタミンE・・・かぼちゃ、モロヘイヤ、ほうれん草、アスパラガス、キウイ
 ・βカロチン・・・かぼちゃ、人参、モロヘイヤ、ほうれん草、春菊、小松菜

クエン酸

 血液中の老廃物を排出し、赤血球の膜をしなやかにして変形能を高めます。また、血小板が必要以上に集まるのを防ぐ効果もあります。

 ・お酢類、梅干、レモン

ナットウキナーゼ

 納豆にしか含まれない酵素で血栓を溶かす働きがあります。

◆血液サラサラの食べ物を摂る際の注意点

 血液サラサラの状態を常に維持しておくためにも、毎食時に血液サラサラの食べ物を意識して摂るようにしましょう。また、血液サラサラの食べ物をひとつだけに頼ると全体の食事バランスが悪くなってしまいます。ひとつに限定せず、血液サラサラに効果のある食材を覚えておいて、バランスよく摂取する必要があります。
 これらの食べ物は効果が高いという意味で他の食べ物では効果がないということではありません。基本的にはバランスのよい食生活をこころがけましょう。


あおがき今月のスケジュールグループエクササイズのご紹介

ページトップへ

 
さくら診療所 メディカルフィットネスあおがき