診療所のご案内
TOPメディカルフィットネスあおがき

◎1月のトピックス


● 日常のエクササイズ

 シリーズ(1 〜 掃除機かけで、上半身の筋肉を鍛えましょう 〜

 2016年は、家事の動作を無理なく毎日続けられる運動として、取り入れて体力作りをしていきましょう。

@基本姿勢は、掃除機のノズルを持った腕を曲げて前後に動かしましょう。
A脇を締めて、わき腹に沿うように前後に動かしましょう。(肩・脇・背中)
B斜め前にノズルを押して引くように動かしましょう。(胸・背中)
※A・Bの動きを、手を持ち替えて同じように動かしましょう。


●健康ミニ講座より

「認知症予防のエクササイズ 」

 認知症は、一度獲得した知的機能の低下により、自己や周囲の状況把握・判断が不正確になり、自立した生活が困難な状態になります。また、言葉のやり取りや判断など、今まで出来ていたことが出来なくなります。
 認知症の予防には食事、運動などがあり、運動をすることで脳の血流がよくなり、動脈硬化を防ぐことができ、脳が活性化する事で予防や進行を遅らせる効果もあります。

今回は、複数の動きを組み合わせて行う体操を紹介します。
左右別々の動きをすることは、無意識には出来ません。
考えながらする事で脳を刺激して活性化します。
それでは認知症予防の体操にチャレンジしてみましょう。

◎二拍子と三拍子

 左手(右手)は上下に動かし、右手(左手)は写真のように三角形を描くように動かしましょう。
※まずは利き手で三角形を作るようにすると良いでしょう。手を入れ替えてもやってみましょう。

 他にも、ウォーキングなどの有酸素運動を行うことで脳の血流が増え、記憶力・判断力などの認知機能の低下が抑えられます。また、ウォーキングプラスしながら引き算や、お友達と一緒にウォーキングする際はしりとりしながらといったように、2つの動作を同時に行うことで、脳と体の機能を効果的に向上させることが出来る効果があります。
 一度しりとりや引き算をしながらウォーキングしてみましょう。

◇◆◇

 認知症介護の体験談をお話してくださった方の本が、あおがき休憩スペースに置いてありますのでお読み下さい。


あおがき今月のスケジュールグループエクササイズのご紹介

ページトップへ

 
さくら診療所 メディカルフィットネスあおがき