診療所のご案内
TOPメディカルフィットネスあおがき

◎8月のトピックス


● 日常のエクササイズ

 シリーズ(8 〜 洗濯物を干す時に、下肢のエクササイズ!   〜

 2016年は、家事の動作を無理なく毎日続けられる運動として、取り入れて体力作りをしていきましょう。

 
@洗濯かごを床に置きましょう。
A両足を肩幅に広げて安定した姿勢で立ちましょう。
  必ず膝を軽く曲げて、かごから洗濯物を取り出しましょう。【写真A】
  (※膝を伸ばしたまま前かがみになると、腰を痛める原因になります)
Bゆっくりと立ち上がって洗濯物を干しましょう。【写真B、C】


●健康ミニ講座より

「介護保険の話 」

 介護保険制度とは、市町村が運営主体(保険者)の制度で、寝たきりや認知症などで自立した生活を送るために、援助や介護が必要な心身の状態の場合にサービスが受けられます。
 介護保険に加入するのは40歳以上の方です。65歳以上で常に介護を必要とする要介護状態の方や日常生活に支援が必要な要支援状態の方がサービスを受けられます。
 40歳から64歳までの医療保険加入者で初老期の認知症、脳血管疾患など、老化が原因とされる病気により要介護状態や要支援状態になった場合もサービスが受けられます。
 介護保険サービスを利用するには、介護認定の申請が必要になります。“直接市役所の介護福祉課”へ行くか、包括支援センター又は居宅支援事業所(ケアマネ事業所)に“代行申請”してもらうことができます。
 申請後、訪問調査や主治医の意見書をもとに介護認定審査会で介護の認定が決定され、要支援・要介護度の区分が決まります。(結果に対しては介護保険審査会に不服申立が可能です。)
 結果に応じて、介護保険給付額や使えるサービスの種類が異なりますが、ケアプランに基づきサービス利用が可能になります。

◎介護保険サービスを利用するために

 介護保険について、いつでもすぐに相談できるようお住まいの区域の地域包括支援センターをチェックしておきましょう。
 援助や介護が必要な状態になる前に、介護保険について知っておきましょう。
 
 次回の「介護保険についての話」は2017年2月6日に行います。

◇◆◇

 認知症介護の体験談をお話してくださった方の本が、あおがき休憩スペースに置いてありますのでお読み下さい。


あおがき今月のスケジュールグループエクササイズのご紹介

ページトップへ

 
さくら診療所 メディカルフィットネスあおがき