診療所のご案内
TOPメディカルフィットネスあおがき

◎11月のトピックス


● 日常のエクササイズ

 シリーズ(11 〜 アイロンがけをしながら…二の腕  〜

 2016年は、家事の動作を無理なく毎日続けられる運動として、取り入れて体力作りをしていきましょう。

 

@足幅を開いてつま先を外側に広げて、両足でふんばるように立ちましよう。
Aアイロンをかける時に、アイロンを持っている手の肘から上(二の腕)を意識して、腕を動かしてみましょう。
 (床に座ってする方も!)



●健康ミニ講座より

「インフルエンザ予防の話 」

◎インフルエンザの症状と特徴

 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38℃以上の高熱や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。
 また、インフルエンザは、肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)などを合併して重症化することがあります。季節性を示し、日本では例年11〜12月頃に流行が始まり、1〜3月にピークを迎えます。

◎インフルエンザの予防法

 インフルエンザウィルスは湿度に弱いので、部屋の加湿をしたり、マスクをして口や鼻のまわりの湿度を保つことが大切です。

 外出後は手洗い・うがいをする、適度な湿度(50〜60%)を保つ、マスクを着用する、予防接種を受ける、バランスよく栄養を摂る、しっかり睡眠をとる、人ごみを避ける、など

◎ 予防接種について

 昨年よりワクチン代が値上がりした理由は・・・2014年までは3価ワクチン(流行すると予測されるA型2種とB型1種)でしたが、2015年からは4価ワクチン(A型2種とB型2種)に変更となり、4種類のインフルエンザの感染を予防できるようになったからです。

○予防接種の効果○

・インフルエンザにかかりにくくなる(100%かからないわけではありません)
・もし感染しても症状の悪化を防げる接種してから2週間経過後に効果が出始めて、およそ4〜5か月は効果が持続します。
※予防接種を受けたからと言って、すぐに抗体ができるわけではありませんので注意しましょう。
※インフルエンザワクチンは卵から作られるので、卵アレルギーの方は受けられません。

◎インフルエンザにかかってしまったら

 薬を服用しゆっくり休むことが重要です。インフルエンザウィルス薬は発症後48時間以内が最も効果を発揮します。インフルエンザにかかったと疑われる場合にはすぐに病院を受診しましょう!

◇◆◇

 認知症介護の体験談をお話してくださった方の本が、あおがき休憩スペースに置いてありますのでお読み下さい。


あおがき今月のスケジュールグループエクササイズのご紹介

ページトップへ

 
さくら診療所 メディカルフィットネスあおがき