トップページくらしと健康>2017年5月

年に一度は健康診断を受けましょう

 いつまでも健康でいるためには予防が大切です。毎年の健康診断は、自身の生活習慣のチェックやがんの早期発見に役立ちます。とりわけ自覚症状が表れにくい高血圧、糖尿病等の慢性疾患やがんは、健診による早期発見・早期治療が欠かせないものとなっています。
 自分の健康状態について正確な知識を持ち健康管理を続けるため、年に1度は各種健診を受けましょう。

メタボ健診で生活習慣病を予防

 高血圧症、糖尿病、脂質異常症など生活習慣病の有病者や予備群が増加しており、死亡原因に占める生活習慣病(がんを除く)の割合も、全体の3分の1に達しています。
 生活習慣病は、内臓脂肪の蓄積が原因となっていることが多く、肥満に加えて、高血圧、高血糖といった状態が重なった場合には、心臓疾患や脳血管疾患などの発症の可能性が高くなります。このため、発症する前段階であるメタボリックシンドロームを早めに発見し、食生活の改善を行うことは、生活習慣病の予防につながることになり、各市町村、保険者では1年に度の健診を呼びかけています。

がん検診で早期発見 奈良市の各種健

 現在の死因の第一位が癌であり、全体の3割に達しています。かつて癌は不治の病と恐れられていましたが、現在では約半数が治るようになりました。初期の段階で発見し適切な治療を行うことで、高い確率で治癒します。初期の段階で見つけるがん検診は死亡率を下げるのに有効だと考えられ、各市町村でも特定健診を含め各種がん健診などが取り組まれています。

特定健診・後期高齢者健診
(7月1日〜1月31日)
 糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病についての健診です。問診や身体測定、採血、診察等を行い内臓脂肪蓄積の程度やその可能性について判定を行い、必要な方には生活習慣改善のための保健指導に繋げる健診です。

大腸がん検診
(7月1日〜2月28日)
 便を2日分採取し、便に血液が混じっていないかを調べる簡便な検査です。大腸がんやポリープ等、腸の病気の有無をチェックします。

肝炎ウィルス検診
(7月1日〜2月28日)
 血液を採取し、肝炎ウイルスに感染していないかどうかをチェックする検診で、早期に感染の有無を確認し、感染者に対し適切な治療に繋げることを目的としています。

 その他、子宮がん検診、乳がん検診、胃がんリスク検診等も行われています。
 詳しくは、行政の広報誌をご参照いただくか、市町村の担当窓口までお問い合わせください。


■訪問診療・往診のご案内

 病気や障害があっても、自宅にいながら医療を受けることができる仕組みです。医師が定期的に訪問し、診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導等をします。状態が良くない時には臨時訪問も行います。
 お問い合わせは、電話0742−33−7800(新大宮診療所)までお願いします。


■支部でパーティーを開催 友の会新大宮支部「なでしこの会」

 3月15日(水)、友の会新大宮支部のおしゃべりをしながら交流するサークル「なでしこの会」が、かやくごはんパーティーを開催しました。かやくごはんとおすましは友の会役員さんによる手作りです。早朝からご飯を炊き、汗を流しながら作っていただきました。
 11時の開始時には10人が参加、かやくごはんを味わいました。今回も、おしゃべり喫茶のメンバーが多く集まり、楽しい会話で弾みました。職員も順次加わり、にぎやかな食事会となりました。(担当・中森)


おしゃべり喫茶に どうぞおこしください

 毎月第2・4金曜日、10時から13時 
 診療所3階の部屋でオープンしています。

 気軽におしゃべりに来てください。お友達ができたと喜ばれています。

ボランティア募集
・デイケア(通所リハビリテーション)
 みまもりといっしょに作業をしたり、配膳、片付けなど。
・おしゃべり喫茶
 おしゃべり相手とお茶の準備など。
 募集中

気軽に班会を開きましょう
 地域に班があり、さまざな取り組みをしています。何人でも集まれば健康チェックや足裏マッサージ、講座など何でも取り組みます。この機会にぜひご入会いただき、お近くで班会を開きませんか。
 入会金1000円、世帯での入会となります。(ご家族皆さんが友の会に! 年会費はありません。)骨密度測定無料やニュースの配達で、取り組みをお知らせします。




新大宮診療所