在宅総合センターTOPホームヘルプステーション>介護福祉宣言

『介護・福祉宣言』

 利用者の皆様が住みなれた街、住みなれた家で安心して元気で長生きしていただける様に(暮らしのサポーター)として生活を支えていきます。

1.
2.
3.
4.

5.
「主人公は利用者」利用者様の思いを尊重します。
利用者様の自立を支援したサービスを提供します。
利用者様のプライバシーを守る事をお約束します。
安全と安楽を重視して、病院・訪問看護ステーション・デイサービス・在宅支援センター等と連携を計り、情報を共有し利用者様の暮らしを守っていきます。
ヘルパー、一人一人の資質を高めるよう日々研鑚し、質の高いサービス提供を行うよう努力します。

『岡谷会ホームヘルプステーションの沿革と概要』

1996年
  高齢化を迎え在宅介護ではたすホームヘルパーの役割を重視し医療法人として奈良県下で最初のホームヘルプサービス事業を開始しました。
 やくしの里在宅支援センターは奈良市から常勤ヘルパー1名の派遣委託を受け、翌年には1チーム、翌々年に2チームの事業委託を受けました。
1997年
 岡谷病院在宅支援センターでも、常勤ヘルパー1名、翌年には1チームの事業委託をうけました。
1998年
 両支援センターのホームヘルプサービス事業を統合、岡谷会ホームヘルプステーションを開設し、奈良市の委託事業所としては奈良市社会福祉協議会と並ぶ大きな事業所になりましました。
2000年
 介護保険制度の施行とともに居宅サービス事業所、介護支援事業所となりました。
2003年
 支援費制度の施行で身体障害者、知的障害者。児童居宅支援事業所となり現在、県下で最も大きな事業所として、約300人のご利用者にヘルパー95名が在宅サービスを年中無休で展開しています。これからも、ご利用者一人一人の個人としての尊厳を尊重し自立的生活を可能にする援助はいかにあるべきかを追求し、質の高いサービスの提供に心がけていきます。


▲ページトップへ