当院について

About Us

病院の概要

150床(一般病棟29床、地域包括ケア病棟71床、回復期リハビリテーション病棟50床)

※当院では安心して療養して頂けるよう、差額ベッド料金を頂いておりません

診療科目

内科、神経内科、消化器科、呼吸器科、循環器科、腎臓内科、外科整形外科泌尿器科、皮膚科、肛門科、リハビリテーション科放射線科

血液透析を実施しています。

訪問診療(往診)を実施しています。

沿革

1946年、奈良市高畑町に無差別・平等の医療を理想に掲げ、岡谷医院が開設されました。
開院当初から在宅医療に力を入れ、「往診の岡谷」と呼ばれ地域の中で信頼されてきました。
1953年には、全国民医連(後の全日本民医連)に加盟、1958年に地域の人々の願いを集めて、奈良市中筋町に岡谷病院が誕生しました。
1966年に岡谷病院は衝撃的な火災にみまわれましたが、火災の3日後から診療を再開。多くの人々から励ましや再建資金等の支援を受け、翌年には奈良市西木辻町へ112床の病院として再建されました。そして保健・医療・福祉のネットワークづくりの中で、安心・安全・信頼の医療を一貫して追求してきました。
2002年には再び多くの人々の協力を得て、新しい医療ニーズに応えるため現在の奈良市南京終町へ新築・移転しました。より親しみやすい病院をめざし「おかたに病院」と名前もひらがなに変更し、入院150床、一日外来患者数約300人の病院として保健・医療・福祉の活動を行っています。
患者さまの人権を尊重した、安全で質の高い保健・医療・福祉の提供を心がけ、地域の人々から信頼され愛される医療機関であることをめざしています。

病院長のご挨拶

安全で質の高い保健・医療・福祉を提供し、地域の人々から信頼される医療機関を。

2012年4月1日より、おかたに病院の院長に就任いたしました。奈良市東部の地域の皆様に充実した医療・介護を提供できるよう、一層努力して参りたいと思います。
おかたに病院では、内科・外科・泌尿器科を中心とした総合的な診療を行っております。また、血液透析センター・リハビリテーションセンターを活用して、地域の医療ニーズに応えて参ります。最新鋭のCTスキャン装置を導入し、医療レベルの向上を図ります。健診センターでも、地域のみなさまの健康づくりに貢献して行きます。24時間体制で在宅医療に対応できる在宅支援センターも併設しています。近隣の基幹病院との連携を強化し、急性期から在宅まで、あらゆる場面で安心できる医療の実現を目指します。

おかたに病院 院長 三好毅志

日本医療機能評価機構の認定

当院は、2004年3月15日付で、「日本医療機能評価機構」から病院機能評価の初回認定を受け、2019年3月15日付で4回目の認定を受けました。これからも、患者さまが安心して当院を利用していただけるように、さらなる医療の質の向上や安全確保に努力してまいります。
 
■ (財)日本医療機能評価機構のサイト
■ (財)日本医療機能評価機構の評価結果の情報提供ページへ

日本医療機能評価機構について

病院機能評価は、国民が安全で安心な医療が受けられるよう、4つの評価対象領域から構成される評価項目を用いて、病院組織全体の運営管理および提供される医療について評価します。

 1領域 「患者中心の医療の推進」
 2領域 「良質な医療の実践1」
 3領域 「良質な医療の実践2」
 4領域 「理念達成に向けた組織運営」


病院機能評価により、一定の水準を満たした病院は「認定病院」となります。認定病院は、地域に根ざし、安全・安心、信頼と納得の得られる医療サービスを提供すべく、日常的に努力している病院と言えます。現在、全国の約3割の病院が病院機能評価を活用しています。
日本医療機能評価機構は、認定病院に対し、「認定証」、「認定シンボルマーク」、「認定病院ポスター」を発行し、さらに、国民が病院に関する適切な情報を得られるよう、病院機能評価結果を情報提供しています。

事業所のご案内

採用情報

看護部サイト