当院について

About Us

おかたに病院の理念・概要・基本方針「医療・福祉宣言」

おかたに病院の理念

患者さまの人権を尊重し、安全で質の高い保健・医療・福祉を提供し、地域の人々から信頼され愛される医療機関をめざします。

おかたに病院の経営理念

年をとっても、障害をもっても、住み慣れた地域で馴染みの人にかこまれ、最後まで人としての尊厳をもって過ごしたい。このような当たり前の地域の人々の要求に応え、実現する。

おかたに病院の沿革と概要

1946年奈良市高畑町に無差別・平等の医療を理想に掲げ、岡谷医院が開設されました。
開院当初から在宅医療に力を入れ、「往診の岡谷」と呼ばれ地域の中で信頼されてきました。
1953年には全国民医連(後の全日本民医連)に加盟、1958年に地域の人々の願いを集めて奈良市中筋町に岡谷病院が誕生しました。
1966年に岡谷病院は衝撃的な火災にみまわれましたが、火災の3日後から診療を再開。多くの人々から励ましや再建資金等の支援を受け、翌年には奈良市西木辻町に岡谷病院として再建されました。そして保健・医療・福祉のネットワークづくりの中で、安心・安全・信頼の医療を一貫して追求してきました。
2002年には再び多くの人々の協力を得て、新しい医療ニーズに応えるため現在の奈良市南京終町へ新築・移転しました。より親しみやすい病院をめざし「おかたに病院」と名前もひらがなに変更し、入院150床(一般病床100床、療養病床50床)、一日外来患者数約300人の病院として保健・医療・福祉の活動を行っています。
患者さまの人権を尊重した、安全で質の高い保健・医療・福祉の提供を心がけ、地域の人々から信頼され愛される医療機関であることをめざしています。

おかたに病院の基本方針(役割と宣言)

  1. 私たちは、患者さまや地域住民の方々とともに力を合わせ、人権を守り、心の通い合う保健・医療・福祉を実践します。
  2. 私たちは、患者さまの病気を生活や労働の場でとらえる視点を大切にし、誰もが安心して利用できる病院であるよう努めます。
  3. 私たちは、医療事故を限りなくゼロにするよう努力し、安全でより質の高い保健・医療・福祉の提供をめざします。
  4. 私たちは、科学の成果に学び専門性を磨き、保健・医療・福祉の向上に励みます。また、患者さまが利用しやすく快適な療養生活がおくれる病院を目指し、施設、設備、システム、サービス、接遇などの改善を行います。
  5. 私たちは、まわりの医療機関や施設と連携し、安心して療養できる健康なまちづくりをすすめます。
  6. 私たちは、共同組織や患者会の人たちとのかかわりを一層強め、またあらゆる団体・個人、ボランティアの方々と協力・共同し、福祉豊かなまちづくりをすすめます。
  7. 私たちは、社会保障の充実や反核・平和の運動に取り組みます。

以上の役割を、役職員相互に信頼しあい、成長しあいながら担います。


2018年4月9日

患者さまの権利宣言

おかたに病院は、患者さまの人権を尊重し、安全で質の高い保健・医療・福祉を提供し、地域の人から信頼され愛される医療機関をめざしています。
患者さまの人権を尊重するために、患者さまの基本的な権利を「宣言」という形でまとめました。ここに全職員が日々努力し、到達すべき実施目標としてこの「宣言」を公表します。

『患者さんの権利』宣言

(1)個人の尊厳
患者さまは、ひとりの人間として尊重されます。
 
(2)平等で最良の医療を受ける権利
患者さまは、差別されることなく平等に、当院で達成可能な最良の医療を受ける権利を有します。
 
(3)知る権利
患者さまは、疾病・検査・治療・見通し・費用などについて、理解しやすい言葉や方法で説明を受ける権利を有します。
 
(4)自己決定の権利
患者さまは、自らの意思に基づいて、治療方法に同意し、選択し、あるいは拒否する権利を有します。また、医療行為の選択にあたっては、当院の治療方針について、他の医療機関の意見を聞くことができます。
 
(5)情報開示に関する権利
患者さまは、当院で行なわれたご自身の診療に関する記録などを閲覧およびそれらの写しの交付を受ける権利を有します。
 
(6)プライバシーの保護と秘密保持の権利
患者さまは、病院内での私的な生活を、可能な限り他人に侵害されない権利を有します。また、患者さまの承諾なしに、自らに関する情報を、自己の診療に直接関与する医療従事者以外の第三者に対して、開示されない権利を有します。

患者さまへのお願い

以上の宣言達成にむけて、私たちが安全で質の高い保健・医療・福祉を提供するために、患者さまへ次のことをお願いいたします。
 
(1)ご自身の治療に必要な診療上のルールの遵守
(2)他の患者のみなさまの診療に支障をきたさないためのご協力
(3)研修医、医学生、看護学生等の研修実習・見学へのご理解とご協力

以上
2018年4月1日 改訂

病院の届出医療

当院は、保険医療機関であり、診療報酬(医療費)算定にあたり、次の内容に適合している旨の届け出をおこない、実施しています。外来の医療費等について詳しくは医事課へ、入院の医療費等については病棟事務課へご確認ください。

一般病棟入院基本料10対1

当病院の一般病棟(4階)は、平均在院日数21日以内であり、1日あたり平均15名以上の看護職員(看護師と准看護師)[うち7割以上は看護師]が勤務しています。
入院患者様に対し入院後7日以内に文書等による『入院診療計画』を説明し、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)による感染を防止するために、全病室に消毒液を設置するとともに、院内感染防止対策委員会を定期的(1ヶ月に1回以上)開催する等による『院内感染対策防止』をおこなっています。
なお、患者さまのご負担による”付添看護(家政婦等)”は認められておりません。ただし、患者さまのご負担にならない者(ご家族等)の付き添いについては、患者さままたはご家族がご希望される場合に限って、医師の治療上及び看護師の判断により、必要最小限の期間は許可されることがあります。

地域包括ケア病床入院料

当病院の一般病棟3階と4階の一部は急性期治療を一定経過した患者さまに対して、在宅復帰に向けて、リハビリテ-ションを中心にして、効率的かつ密度の高い医療を提供する病床です。

重症者等療養環境特別加算

当院では、重症者等の看護をおこなう場合の十分な設備と看護の整った部屋3室を用意しております。(401号室、402号室、403号室)

療養環境加算(病院)

当院の一般病棟(3階、4階)では、療養環境を向上させる目的で1病床あたりの面積を8㎡以上確保しております。

回復期リハビリテーション病棟入院料1

当院の回復期リハビリテ-ション病棟(5階)は、1日あたり平均12名以上の看護職員と1日あたり平均8名以上の介護職員が勤務しています。

入院時食事療養費(Ⅰ)

当院の、入院患者さまに提供する食事は、管理栄養士によって管理された食事が、適時(朝8時、昼12時、夕18時)、適温で提供されています。また、必要に応じて『栄養指導』(入院、外来、集団)をおこなっております。
当院は他に各病棟の食堂において食事をしていただくこともでき、また一部の食事の主菜について、患者さまが選択できる選択の複数メニューによる食事を提供しております。
 
◆脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
◆運動器リハビリテーション(Ⅰ)
◆呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
各リハビリテーションにおいて、専用施設の使用や専任医師、専従理学療法士・専従作業療法士・専従言語聴覚士の配置及びその内容及びその内容を基準どおり行っております。
 
◆検体検査管理加算(Ⅰ) …検体検査管理に関する基準に適合しております。
◆医療安全対策加算 …医療安全対策に関する基準に適合しております。
◆褥瘡患者管理加算 …褥瘡管理に関する基準に適合しております。
◆救急医療管理加算 …救急医療管理に関する基準に適合しております。
◆診療録管理体制加算 …診療録管理に関する基準に適合しております。
◆電子化加算 …電子化に関する基準にて適合しております。
◆臨床研修病院入院診療加算
    …臨床研修病院入院診療に関する基準にて適合しております。
 
◆特定療養費:
薬価基準に収載されている医薬品の薬事法に基づく承認に係る用法等と異なる用法等に係る投与の実施(成分名:イベルメクチン、薬剤名:ストロメクトール錠3mg、効能効果:疥癬、薬剤価格:1錠820円)
 
○室料差額について
当院では安心して療養して頂けるよう、差額ベッド料金を頂いておりません

事業所のご案内

採用情報

看護部サイト