デイサービスセンターせいび

 

デイサービスセンターせいび

TEL:0742-24-4553   FAX:0742-23-9645


デイサービス(通所介護)とは

高齢者一人一人が、その人らしく住み慣れた地域で過ごして行けるよう、生活の質の確保を支援する介護保険サービスのひとつです。

生きがいづくりを応援します

デイサービスでは、まず高齢者の方に社会的な交流の場を提供します。お茶を飲みながらのおしゃべりは、何よりも楽しみであり、心の交流の場です。
友達ができ、助け合うことができれば、それが生きがいになるでしょう。定期的に家から外に出ることが、歩いてみよう、身体を動かそう、好きなことをしたいという意欲ををかき立てます。
生活にリズムができ、生活空間が広がれば生活を楽しむゆとりもでてきます。

介護されるご家族を支援します

ご家族は夜中に起こされて充分眠れない、身体が疲れる、家を留守にできない、自分の時間が取れないなどの悩みを抱えておられます。
介護しているご家族も孤独になりがちで、介護を家族だけに任せるのではなく、社会的な制度として支えていくことが大切です。

対象

介護保険制度における介護認定審査会により、要支援者または要介護者として認定された方。

サービス内容

健康チェック 参加された朝に健康チェックを行います。
レクリエーション ゲーム、カラオケ、歌唱などを楽しみながら行っています。
機能訓練
健康体操や音楽療法、製作等を通じて残存機能維持と向上を図ります。
食事サービス
利用者の健康面を考え、カロリー計算されたお食事を提供します。
入浴サービス
ご希望の方には、介護スタッフが介助を行い入浴していただきます。
送迎サービス
施設の車で、ご自宅までお迎えにあがり、お送りします。

ニーズ選択可能

それぞれのニーズに合わせてサービス内容を選んでいただけます。

入浴のみ
基本は午前ですが、午後も可
入浴昼食 午前利用です
リハビリ昼食 午前利用です
入浴リハビリ
午前利用です
リハビリ 午前 午後 可能です

基本利用は、9時~16時の利用となります。<おやつも出ます>

費用について

介護保険で決められたサービスにかかる費用の1割~3割を負担していただきます。費用は介護度によって変わりますが、目安として1割の場合700円~1,200円ほどとなります。また、介護保険の負担と別途に食事代および材料費をいただきます。

利用料減免制度

事業所独自の利用料減免制度があります。
(昼食費・おやつ代・日用品費を半額免除)

申し込み

デイサービスをご希望される方は、介護保険制度における要支援、要介護認定を受ける必要があります。詳しくは、もよりの地域包括支援センター、居宅介護支援事業所までおたずねください。

無料体験もできます

送迎・健康チェック・リハビリ体操・レクリエーション・昼食・入浴等の1日のスケジュールを無料で体験していただけます。

・半日の体験もOK
・昼食代も無料
・マシントレーニングも見学していただけます
・送迎の時間も相談可
・ご家族同伴も可能です


※ 見学も随時可能ですのでお気軽にお越しください。


総合事業通所型サービス「お達者くらぶ」

デイサービスセンターせいびは、介護予防・日常生活支援総合事業第1号通所事業を実施しています。
パワーリハビリテーションを導入し、高齢者の方々がより安全で楽しく生き生きとご利用いただけるよう、介護予防通所介護を拡充しました。
愛称はみなさんに親しんでいただけるよう「お達者くらぶ」とし、住みなれた街で元気に日常生活を過ごしていただくことを目指しています。

対象

市内東部に在住の介護保険被保険者で、要介護認定が要支援1又は要支援2の高齢者

サービス内容

健康チェック、食事、運動器の機能向上、ロ腔機能向上、各種レクリエーション等

※1日の内容は選択メニューでお選びいただきます。

費用について

介護報酬1割~3割の自己負担分と、昼食代(1食500円)等の実費が必要となります。

申し込み

奈良市の地域包括支援センター、または奈良市の介護保険課にご相談ください。

その他

ご本人またはご家族の見学ができます。(詳細は当事業所まで)
※奈良市内東部でも、地域によりご利用できない場合があります。


パワーリハビリテーション

デイサービスセンターせいびでは、「要支援1」、「要支援2」の方を対象に、介護予防(運動器の機能向上)を実施しています。

介護予防(運動器の機能向上)

筋力向上や栄養改善などで心身の機能を維持、向上させるためのサービスで、閉じこもりや寝たきりにならないための運動や体操を行うことです。

「住みなれた街で元気に日常生活を送りたい」という高齢者の方々の願いに応え、安全で楽しく生き生きとご参加いただけるよう、パワーリハビリテーションの手法を用いたトレーニングマシンを導入しています。

パワーリハビリテーションとは

「歩くのが遅くなった」・「転びやすくなった」原因は体中に使わない筋肉と神経が増えてくるからです。トレーニングマシンを使って運動し「眠ってしまっている」筋肉と神経を全身をバランス良く動かし、日常生活を活発にしましょう。

パワーリハビリテーションの流れ

スケジュール:3ヶ月ごとに体力評価をして、どのくらい活動力が変化したかを調べます。
体力評価 → トレーニング → 体力測定
          3ヶ月

1日の流れ:
健康チェック → 準備体操ストレッチ → マシントレーニング → 整理体操

パワーリハビリテーションは安全です

・楽な重さでトレーニングするので安全です。
・パワーリハビリテーションの研修を受けた専門スタッフが指導します。
・医療用のトレーニングマシンを使用するので安全です。

※但し、事故防止のため心臓疾患をお持ちの方や血圧の高い方など、
健康状態が急変あるいは悪化する可能性のある方はご利用できません。

マシン紹介

レッグプレス 立ち上がり、着座動作の改善、立位・歩行の安定
エクステンション 立ち上がり、着座動作の改善
レッグ
 エクステンション
膝関節周囲の安定性と可動域の改善 
立位・歩行の安定
ローイング 胸郭可動域の改善 姿勢の改善

      レッグプレス

     エクステンション

     レッグエクステンション

     ローイング

     ニューステップ

お達者くらぶサポート会員制度のご案内

お達者くらぶサポート会員制度は、パワーリハビリテーションとボランティア活動を通して、健康づくりと生きがいづくりを推進します。

名称

『デイサービスセンターせいび「お達者くらぶ」サポート会員』

目的

(1)老化予防のための健康づくり
パワーリハビリテーション手法を用いて日常の健康づくりを推進します。

パワーリハビリテーションは筋力アップが目的ではなく、眠ってしまった筋肉と神経を呼びさまし「歩くのが遅くなった」、「つまずきやすくなった」などの老化予防を目的とした手法です。

(2)高齢者(利用者)の方をサポートするボランティア活動
同時に施設でのボランティア活動を通じて高齢者(利用者)の方々をサポートし、生きがいづくりを推進します。

ボランティア活動とは会員の方々の希望や希望にもとづき、各人のできる範囲でご参加いただきます。具体的には、手芸や作業の援助、高齢者の方との対話、パワーリハビリテーション時の見守り、レクリエーション時のお手伝い、配茶・配膳、環境整備などがあります。

(3)仲間づくりと介護予防活動の普及
会員同士で励まし合っての運動で仲間づくりをすすめるとともに、自宅でもできる簡単体操の習得でご近所同士で日常的な老化予防が取り組めます。

グループでの実施により、お互いの励まし合いにより継続することが楽しくなりコミュニケーションの場にとなります。さらに自宅でもトレーニングができるよう、老化予防のための簡単体操も習得していただくため、ご近所での健康づくりの輪が広がります。

対象

(1)奈良健康友の会の会員
(2)かかりつけ医の承諾を受けた方
(3)デイサービスセンターせいび等でのボランティア活動を併せておこなえる方

マシンの利用時間

(1)午前   9時~10時
(2)午後 12時~13時


※上記時間帯にボランティアのための時間が加わります。

利用料

 無  料

※但し、なら健康友の会会員でない方は入会金1,000円が必要となります。
※ボランティア活動時のボランティア保険はデイサービスセンターせいびで負担します。

トレーニング実施期間

(1)3ヶ月コース
  短期間で一通りの運動プログラムを体感していただくコースです。
(2)6ヶ月コース
  体力に自信のない方など、のんびりとトレーニングを実施するコースです。
(3)保健委員継続コース
  健康づくりのサポーターとして継続した活動を行うコースです。 

※パワ-リハビリテーションは週1回~2回の実施となります。
※お友達同士、グループでの参加が効果的です。

その他

パワーリハビリテーション体験をご希望の方は、デイサービスセンターせいびまでお問い合わせください。1回90分程度でご体験していただます。
予約制となっておりますので、事前に電話にてご予約ください。

申し込み

医療法人岡谷会 デイサービスセンターせいび
TEL 0742-24-4553

なら健康友の会会員を募集中!!
※入会ご希望の方は、なら健康友の会事務局までお連絡ください。
※ご希望により地域での説明会も開催しますのでお気軽にご相談ください。
◇◇◇ TEL 0742-24-7322 ◇◇◇

岡谷会の事業

医療
医療
病院・診療所
訪問看護
在宅診療
在宅診療
訪問診療・訪問看護
訪問リハ
介護と福祉
介護
健康診断
健康診断